おすすめのディスプレイを紹介!作業効率も大幅アップ!

作業効率を大幅に上げる目的ディスプレイを買う方も多いのではないでしょうか?
もちろん、作業スペースが広くなり、作業効率アップ効果もあります。

しかし、それ以外にもディスプレイを持つメリットは多くあるのです。

今回の記事では、ディスプレイにこだわるメリットから、実際のディスプレイの選び方、そしておすすめのディスプレイをいくつかご紹介致します。

この記事を読んで頂ければ、自分の目的にあったディスプレイを選ぶことが可能になり、より効率良く作業を進めて行くことが可能となります。

ディスプレイにこだわるメリット


この項目では、ディスプレイを導入することで起こるメリットについて解説致します。

2画面で作業効率アップ

デュアルディスプレイという、ディスプレイ2枚体制にすることで「複数の作業を同時に行う」ことが可能となります。

例えば、「片方のディスプレイでは調べ物をして、片方のディスプレイで記事を書く」というような使い方が可能となります。

もちろん、シングルディスプレイでも複数作業は可能ですが、ウィンドウを切り替える手間が発生してしまう為に、煩わしさを感じてしまいます。

そのような煩わしさを感じるのが嫌いな方は、デュアルディスプレイがおすすめです。

視野角の広いディスプレイは大人数での映画鑑賞に最適

近年のPCモニターには、「スクエア」と「ワイド」の2つのタイプがあり、映画を見る際には、縦横比が16:9のワイドタイプがおすすめです。

また最近は、ワイドタイプを更に横に広げた「ウルトラワイドモニター」という製品も発売され、より映画観賞に特化したディスプレイが発売されています。

パネルや光沢が強化され、グラフィックも綺麗に映る為、映画もより臨場感のある映像で見ることが出来ます。

視野角も広く、大人数の映画鑑賞にもディスプレイはおすすめです。

PCゲームにおいても反応速度の良いディスプレイが必須

PCゲームのディスプレイにおいて大切なのは、リフレッシュレートと応答速度
リフレッシュレートは、1秒間に何回画面が切り替わるかを表す指標であり、回数が多ければ多いほど滑らかな映像になります

応答速度は、グラフィックボードから指示を受けた映像がモニターに反映されるまでの速度を指します。

ここ最近は、このようなリフレッシュレートと応答速度にこだわったゲーム用ディスプレイも多く発売している為、そのような意味でもディスプレイにこだわることがおすすめです。

ディスプレイの選び方

ディスプレイを購入するメリットは前述した点があり、大きな生活の変化をもたらします。
しかし、自分の用途にあったディスプレイの選び方が分からない方も多いのではないでしょうか?

ここでは、ディスプレイを選定する基準について解説致します。

選定ポイント 詳細
解像度 大きいほど、画面に表示される情報量が増える
用途 ゲーム用、オフィス作業用、動画視聴用など
価格 1万円から10万円まで様々ある
インチ数 大きいほど、画面が大きくなる

解像度

この数値が高ければ高いほど、モニターに表示される領域が広くなり、画面に表示される情報量が増えます
しかし、この値は用途によって高ければ良い訳ではありません。

動画などのコンテンツを楽しむ目的で利用する場合は、近年のサービスでは4Kなどがおすすめです。

しかし、事務処理などでExcelやWordデータを表示させる場合は、文字が小さくなり、拡大表示が必要となります

自身の用途に応じて、最適な解像度を選ぶことがおすすめです。

用途

ある特定の用途に特化して作られたデイスプレイが多く発売されている為、「どんな用途をメインで利用したいか」がとても大切になります。

例えば、「オンラインゲームをする為のディスプレイ」であれば、短期間で多くの情報表示が出来るディスプレイがおすすめ。リアルタイムで状況が変わる為、グラフィックの反応速度が早いものを選ぶことが大切となります。

単純に作業スペースの確保であれば、シンプルでリーズナブルなモデルでも十分な効果を発揮します。

このような用途を決めて、商品を選びましょう。

価格


ディスプレイの値段は、ピンキリです。

リーズナブルで画面サイズも小さいものであれば、1万円から購入可能なものもありますし、オンラインゲームなどに必要な専門性の高い機能が備えられたものは、10万円以上することもあります。

決して安い買い物ではない為、必要な機能を十分に加味した上で、商品を選ぶことが必要です。

インチ数

インチ数は、画面の大きさのことを指します。
もちろん、大きければ大きいほど映画などを大画面で楽しむことが可能です。

そして、サイズには「スクエア」タイプと「ワイド」タイプの2種類があります。

このタイプによって、画面の大きさも変わるので、インターネット通販などで発注する場合は確認しておきましょう。

おすすめのディスプレイ5選

ここまでは、ディスプレイの選定基準について説明致しました。
それでも、実際にどんな商品があるのかを知りたい方も多いのではないでしょうか?

この項目では、おすすめのディスプレイ商品を5つに絞ってご紹介して参ります。

フィリップス 328P6VUBREB/11 31.5インチ

Ultra Clear 4K UHDパネルを搭載し、画面の綺麗さに磨きが掛かった一品。

32インチの大きくもなく小さくもない使い勝手の良さ。HDRの表現力が高く、動画視聴におすすめのディスプレイです。
この価格帯のディスプレイの中では、映像の綺麗さは際立って良いと言えるでしょう。

USB-Cの接続端子があることで、Macbookの外付けディスプレイとしても使える汎用性の高さも魅力です。

BenQ GW2470HL 23.8インチ ブラック

とにかく安価なディスプレイが欲しい方にはおすすめ。
画面サイズは23インチと小さいですが、作業スペースの確保には最適なサイズとなっています。

価格も14000円前後で購入出来る為、他のメーカーの同モデルと比較しても最安クラス。

ブルーライト軽減機能も備わっている為に、仕事目的で長時間作業する方にはおすすめの一品と言えるでしょう。

ViewSonic V3276-2K-MHD-7 31.5インチ

この商品の大きな特徴は、何と言ってもディスプレイの薄さにあります。
スタンドを利用した場合の奥行きが、230mmしかない為、場所を取らずにどんな場所にでも置くことが可能です。

表示解像度はWQHDであり、フルHDよりも広大な領域で作業が可能というのも嬉しいポイント。

値段も4万円代とお手軽で、仕事でもプライベートでもバランスよく活躍する商品に仕上がっています。

ASUS VA32AQ 31.5インチ

液晶の発色が非常に良い点と、視野角も広い為に、リアルタイムの動きの激しいゲームでなければ十分に対応出来ます。ブルーライト軽減機能も備わっており、長時間のゲームにおいても身体的な負担を軽減。

値段も3〜4万円代とお値打ちの為、ゲーム用のディスプレイの入門としておすすめのモデルです。

LGエレクトロニクス 27UL850-W 27インチ

4K解像度のIPSパネルを搭載。またUSB-Cポートも備え付けられている為に、Macbookとの相性も抜群のモデル。

画質に関しては発売されているディスプレイの中でもトップクラスを実現。
4Kディスプレイの中でも高品質を保証する規格「VESA DisplayHDR」にも対応しています。

ブルーライト軽減機能も勿論あり。
高品質なステレオスピーカーも内蔵されており、映像コンテンツを楽しみたい方にはおすすめの一品です。

使い方はあなた次第!ディスプレイで生活をより便利に!

今回はディスプレイの選び方や、おすすめの商品を紹介致しました。

一概にディスプレイと言っても、使い方によって選ぶモデルも大きく変化します。

今回の記事を踏まえて、より自身の用途に合わせたディスプレイ選びに役立てて欲しいと思います。