一人暮らしの強い味方!おすすめの電子レンジ5選

一人暮らしには欠かすことの出来ない電化製品である電子レンジ
しかし、値段の安さだけで商品を購入し、後々後悔した方も多いのではないでしょうか?

もちろん、値段の安さは魅力的です。
しかし、使う際に大きなストレスを感じると、長期間使い続けることが難しくなってしまいます。

今回は、電子レンジの選び方と、おすすめの電子レンジを紹介していきます。

この記事を読んで頂ければ、電子レンジの選び方を深く知り、ライフスタイルにベストな電子レンジを手に入れることが可能です。

電子レンジがあると生活がより便利に


電子レンジを使ったことがない」という人が日本人には居ないと言えるほど、近年は家庭に電子レンジは浸透しています。

この項目では、電子レンジが部屋にあることのメリットを一人暮らし目線で解説
より現実的な目線で、お話し致します。

冷凍食品などの解凍に便利

一人暮らしで重宝するのが日持ちのする冷凍食品
使い方は多岐にわたり、部屋に居て小腹が空いた時に食べたり、生活費を節約する為にお弁当を作ったりする場合に重宝します。

電子レンジがあることで、冷凍食品や冷凍の食材の解凍などにも使うことが出来ます。

電子レンジでパスタ、炊飯なども可能

ここ最近は、100円コーナーなどで発売されている「電子レンジでお米を炊飯」だったり、「電子レンジでパスタを茹でる」などのタッパーが発売されています。

社会人として忙しく働いていると、ご飯を炊く時間もない方は決して少なくありません。
そんな時に電子レンジがあると、ご飯やパスタを作ることが出来るため、調理時間の短縮に繋がります。

温かい飲み物も素早く作成可能

温かい飲み物を飲みたい場合も、電子レンジは重宝します。
ボタンひとつで冷たい飲み物を暖かく出来るため、時間のない朝などに大活躍

学生や新社会人の強い味方になることは間違いありません。

電子レンジの選び方とは?


ここまでは、電子レンジを持つメリットについて説明しました。
次に電子レンジを選ぶ際のポイントを解説致します。

選ぶ際のポイント 備考
テーブル フラットテーブルか、ターンテーブルか
サイズ 家族構成によってサイズを選ぶ
機能 3段階調理モード、解凍モードなど
値段 大きな差がないため、金額以外のポイントが大事

テーブル

電子レンジには、フラットテーブルタイプターンテーブルタイプがあります。
ターンテーブルタイプは、加熱しながらお皿が回るために、加熱ムラをなくすというメリットがあります。

しかし、フラットテーブルはメンテナンス面において清掃がしやすいです。

それぞれの利点を加味しながら、自分に合ったタイプを選ぶことがおすすめとなります。

サイズ

電子レンジのサイズは20Lほどの大きさであれば単身用サイズ、20~25Lで夫婦用サイズ、25L〜29Lが家族用サイズと言えます。一人暮らし用であれば、小さいサイズで十分でしょう。

機能

電子レンジの機能自体はとてもシンプル。
加熱時のワット数を変えられる3段階調理機能のほか、食材の解凍などに利用する解凍モードなどが付いた電子レンジがおすすめです。

値段

基本的には電子レンジの金額には大きな差がありません。
だからこそ、テーブル、サイズ、機能などの観点で電子レンジを選ぶことが大切です。

一人暮らしにおすすめの電子レンジ5選

ここまでは、電子レンジを選ぶ際のポイントについて説明しました。
商品ごとの金額に大きな差がない為、「何がおすすめなのか分からない!」と感じる方も多いのではないでしょうか?

この項目では、実際にピックアップしたおすすめの電子レンジを紹介致します。

TWINBIRD 電子レンジ DR-D257W

シンプルデザイン&コンパクトサイズの20L電子レンジ。
ターンテーブルを撤廃し、庫内のスペースも広々と使えます。

あたためは500Wと600Wから選択可能で、煮込みモード、解凍モードも選択可能です。

毎日使うからこそシンプルな操作にこだわりたい方にはおすすめ。

IRIS OHYAMA 電子レンジ フラットテーブル ミラーガラス IMB-FM18-5

ミラーガラス式のデザイン性に長けた電子レンジ。
レンジの出力は500W,600W,解凍の3段階あり、用途に合わせて使う分けることが出来ます。

お手入れもフラットシートの為に、楽々清掃。

電子タイマー付きで使いやすく、インテリアのデザイン性を重視したいのならおすすめです。

無印良品 電子レンジ 19L MJ-ER19A2

白黒のデザインでシンプル。
窓と操作部分が黒で一体化されたデザインがおしゃれな電子レンジ。

機能はダイヤルひとつで簡単にメニューやタイマー時間を設定出来ます。

直感的にワンタッチで使える電子レンジが欲しい方には一押しです。

山善(YAMAZEN) 電子レンジ MRB-207

「簡単操作 お手軽レンジ」というコンセプトの通り、操作部分にはワット数を変えるつまみと、タイマー兼用の加熱開始のつまみのみ。

シンプルな構造もあり、年間消費電力も59.5kWhを達成。

とにかくシンプルな電子レンジを求めている方は、こちらの電子レンジがおすすめ。

シャープ(SHARP) 単機能電子レンジ RE-TS3-W5

ワンタッチで温めが開始出来る機能が便利。
また液晶が大きく設計されており、見易さは抜群です。

ハイパワー700W加熱、広々スペースの20L庫内、コンビニ弁当も楽々入る27cmターンテーブルなど細かな機能に優れています。

電子レンジ機能の使いやすさにこだわりたい方には、おすすめです。

一人暮らしを便利にするには、電子レンジがおすすめ!


今回は、一人暮らしに必須の電子レンジについて説明致しました。
シンプルな電化製品でありながらも、使い勝手はメーカーによって大きく異なります。

シンプルだからこそ、徹底的にこだわりたい電子レンジ

是非、この記事を参考に、自分に合った電子レンジを選んで頂ければ幸いです。