おすすめのテレビスピーカーを紹介!自宅にいつもより臨場感を!

近年、各メーカーが力を入れて商品を発売している「テレビスピーカー」。
テレビの臨場感を何倍にもするメリットが多く隠されています。

しかし、わざわざ外付けのテレビスピーカーを購入するメリットが分からない方も多いのでないでしょうか?

今回は、外付けスピーカーを持つメリット、テレビスピーカーを選ぶ基準、オススメのテレビスピーカーもこの記事で紹介させて頂きます。

この記事を読んで頂ければ、テレビスピーカーを持つメリットを十二分に理解出来ると同時に、自身の用途に合った最適なテレビスピーカーを購入することも可能です。

是非、最後までご覧下さい。

外付けテレビスピーカーをわざわざ持つメリットとは?


この項目では、外付けテレビスピーカーをわざわざ持つメリットを説明致します。
まずは、テレビ内蔵型スピーカーと外付けスピーカーの違いを図で表します。

外付けテレビスピーカー テレビ内蔵型スピーカー
音質の良さ 良い 外付けに比べて音質は落ちる
種類 2ch,2.1ch,5.1chと様々あり 特になし
音声の特徴 重低音もカバーし、話している言葉を正確に聞き取れる 音がこもりやすい為に、話している内容が聞き取りづらい。

スポーツ観戦もよりLIVE感覚で楽しめる

「サッカーでゴールを決めた時の瞬間を現地感覚で味わいたい!」
「野球でホームランが飛び出した時の爽快感をより強く感じたい!」

外付けスピーカーは、その音質の良さから「実際にその会場に居る」ような錯覚に陥る感動があります。
テレビから聞こえる観客の声援も、まるで現地に居るような感覚。

そんなテレビ内蔵スピーカーでは、味わえない魅力が外付けスピーカーにはあります。

映画館に来たような感覚が楽しめる

自宅テレビでのDVD視聴により臨場感を加えたい!

外付けスピーカーがあると、DVDやブルーレイ視聴でも、実際に映画館に来たような音質で楽しむことが出来ます。
映画館でしか味わえない低音の強さも、外付けスピーカーを接続することで再現可能となります。

映画が大好きだけど、映画館で見るのは足が重いという方には、外付けスピーカーはおすすめと言えます。

音楽ライブ映像もさらに臨場感が増す

好きなアーティストのライブに行きたいけど、開催場所が遠くて行けない
そんな方にも、外付けスピーカーは力を発揮します。
WOWOWなどの有料チャンネルのライブ映像なども、外付けスピーカーによって、観客の歓声までリアルに感じることが出来るのです。

ライブでの曲の音も、現地に居るような質の良さ。
現地には行けないけど、そのライブの感動をリアルに感じたい方には、おすすめです。

テレビで話している音声が聞き取りやすい

映画館などで映画を見ていると、出演している俳優のセリフが頭に入ってくるのに、テレビでは聞こえづらいと思っている方も多いのではないでしょうか?

外付けスピーカーの種類によっては高音だけ、低音だけを発するそれぞれの役割を持ったスピーカーが別々にあり、ひとつひとつの話している言葉を明確に聞いとることが出来るのです。

日常に流れているニュースなども聞き取りやすくなり、日常使いでも十分に力を発揮します。

テレビスピーカーの選ぶ基準


ここまでは、外付けスピーカーのメリットとテレビ内蔵スピーカーの違いなどを説明致しました。
しかし、ここまで説明して「良さは分かったけど、どう選べば良いか分からない!」という方も多いのではないでしょうか?

この項目では、テレビスピーカーの選定基準について解説をして行きます。

どんな用途で利用したいのか

テレビスピーカーは、各社が競争するように多くの商品が発売されており、ライブ映像などをリアルに楽しむスピーカー

ニュースなどの話している内容を正確に聞き取れるスピーカーなど、専門性をより突き詰めた商品も増えてきました。そのような特徴を見ながら、スピーカーを選ぶことが大切なポイントです。

チャンネル数で選ぶ

外付けのスピーカーには、チャンネル数というものが存在します。
5.1chサラウンドなどの言葉を良く聞く方も居るように、ここでの「5」という数字はスピーカーの数を表しており、多いほどサラウンド効果が高まります。

5.1chの「1」という数字は、サブウーハーという重低音を出す為のスピーカーを表します。

また現在は、「7.1chサラウンド」を実現する「サウンドバー」と呼ばれるワンボディ型で場所を取らない商品も出てきています。

そのようなラインアップから、最適なチャンネルを選ぶことが大切です。

付属機能で選ぶ

近年のテレビスピーカーは、音質を向上させるだけではなく、様々な付属機能が付いているモデルが多いです。

Bluetooth機能によって、タブレットに入っている音楽をスピーカーで再生させることが出来たり、付属のマイクを使って室内形状や配置を測定。最適なサラウンド効果が得られるように自動でチューニングする「自動音場補正」機能などもあります。
このような機能面を加味しながら、選ぶこともポイントの一つです。

おすすめのテレビスピーカー5選

Bose Bose Sounder 500

スピーカー業界で圧倒的な力を発揮するBoseが販売している「サウンドバー」タイプのスピーカー。
その大きさは横80cm、高さ4.44cm、奥行き10.16cmと圧倒的にコンパクト。それでありながら、Amazon Alexaを利用した音声認識に対応。音声を通じてサウンドバーを操作することが可能です。

サウンドバー専用のアプリをタブレットやスマートフォンに入れることで、その機器から音楽再生の指示などを飛ばすことも出来ます。

生活の中により、密着したスピーカーを求めている方には、おすすめの商品です。

SONY HT-S200F(B)

コンパクトでありながら、より安価なテレビスピーカーを求めている方には、この商品がおすすめ。

値段はソニーストアで25000円前後とお求めやすい上に、サウンドバータイプで場所を取りません。
一つのスピーカーの中に、サブウーハーも内蔵して高品質な音声を実現しています。

Bloetooth機能も内蔵されており、ワイヤレスで音楽を再生することも可能です。

お手頃な値段の割に、多くの機能が詰め込まれた魅力的な一品です。

ヤマハ YAS-107

大きな特徴は、世界初のバーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」に対応。
スタイリッシュなサウンドバータイプでありながら、前方・左右・後方に加えて、高さ方向の音も再現。

サウンドバーから発せられている音声が、テレビ全体から聴こえてくるように錯覚する最高品質の音を実現します。

「バズエクステンション」というサウンドバータイプで不足しがちな低音も増強。

とにかく究極的に音にこだわりたい方に、おすすめの商品です。

ONKYO BASE-V60

とにかく多くの機能が付いた製品が欲しい方には、こちらの商品がおすすめ。

スピーカー2つとサブウーハー1つのセットですが、Apple規格のAirPlay、radiko.jpやTunelnなどのインターネットラジオ、Google Chromecastなどにも全て対応。

また主要メーカーTVに付属リモコンでボリューム調整が可能である機能。
映画の音声を、家庭での再生に合わせて補正するシネマフィルター機能など、とにかく多機能である商品です。

沢山の機能が付いたスピーカーが欲しいのなら、この商品を買った後に後悔することはないでしょう。

パナソニック シアターバー SC-HTB200-K

その値段はなんと、Amazonで15000円を切る金額。
圧倒的な安さから、初めてテレビスピーカーを試して見たい方にはおすすめの商品。

またサウンドバータイプであり、コンパクトな本体サイズを実現。
小さなテレビでも力を発揮する為、一人暮らしの部屋などにマッチするサウンドスピーカーです。

現場に居るような臨場感を自宅でも味わおう!

今回は、外付けサウンドスピーカーのメリット、サウンドスピーカーの選定基準から、おすすめのサウンドスピーカーについて紹介致しました。

昨今のサウンドスピーカーは、ただ「音質が良い」ものばかりではなく、利用用途や生活の背景などに特化した商品が多く発売されています。

自身が楽しみたいコンテンツや、部屋の大きさなどに応じて、自分に合ったサウンドスピーカーを選んで欲しいと思います。

この記事が、サウンドスピーカーのイメージを良い意味で払拭し、スピーカー購入時のヒントになれば幸いです。