入れたてのお茶を飲むのに欠かせない急須おすすめ5選!

お茶をいれて注ぐために欠かせないアイテム「急須」
焼き物が一般的ですが、樹脂製のものや耐熱ガラスのものなど今はたくさんの種類の急須があります。

最近ではデザイン性を重視したかわいらしいものや伝統的な見た目でいて機能性に優れたものなども登場しています。

お茶は淹れてすぐの方がおいしいですので、持っていて損はありませんよ。
お客さんに振る舞うのにも急須はあった方が便利です。

今回はそんな急須についてお話しさせていただきます!

急須の選び方


急須を選ぶ上で大事なのは「サイズ」「タイプ」「素材」です。
まずはこの3つを見ていきましょう。

サイズ

急須のサイズはどういうシチュエーションで使うかを思い浮かべながら考えてみてください。
複数人
で使うのであれば、大きめのものを用意しないといけません。何度も何度も継ぎ足しするのは面倒ですからね。

ひとり分でも大きなものでいいんじゃ?と思うかもしれませんが、ひとり分を大きな急須で淹れるのは調整が難しかったりするんです。

2.3人なら320ml前後 3.4人なら420ml前後、4.5人なら550ml前後を目安として購入してみてください。

タイプ

横手型

注ぎ口から直角の位置に持ち手があるタイプの急須。
急須の中でも最もポピュラーな形がこの横手型で片手でフタを抑えながら注ぐことができます。
ただし、横に持ち手が付いているので収納がやや面倒です。

後手型

注ぎ口と反対側に持ち手があるタイプの急須。
紅茶を注ぐティーポットによくある形状で、色々な場所でよく見かける急須です。

横手型と比べると若干注ぐ際に重たい感じがするので、勢いよく注いでしまわないように注意しましょう。

上手型

フタの上部分に持ち手が付いたタイプの急須。
後手型と違い、重たくても持ちやすく、注ぎやすい仕様です。
やかんと同じような勝手で使えます。

宝瓶

取っ手のないタイプの急須。
取っ手がない分、手で持てるように耐熱性に優れたものが多い。
元々は玉露のような抽出温度の低いものを淹れるためのものなので、あまり高温のお茶を淹れるためのものではない。
取っ手がないので持ち運びもできるので、旅先で飲みたいときになど用いられたりする。

素材


もっともポピュラーな素材が陶磁器製です。
伊万里焼、九谷焼、瀬戸焼、薩摩焼などの磁器製から、備前焼や丹波焼などの焼締め陶器、美濃焼や萩焼といった陶器製など多数生産されています。

次点で多いのはガラス製の急須。ガラスなので中が見え、お茶が抽出しているさまを見ることができます。
値段も安価で入手しやすく、お茶でも紅茶でも使いやすいデザインもしています。

そのほかにも鉄製、ステンレス製、アルミニウム製など、非常に幅広い種類の素材が急須に使われています。

中でもやはりおすすめしたいのは陶磁器製です。
やはりビジュアルが最も急須というイメージにぴったりくるのはこの素材です。
使い勝手の良さだけでなく、インテリアとしても活躍できるのが急須ですから、ぜひそういった使い方もしてほしいのです。

おすすめの急須5選

ここからはおすすめしたい急須を5つご紹介しています。
これに似たタイプが欲しいという指標になれば幸いです。

東屋/丸急須 後手

つるりとした見た目のかわいらしいフォルムの急須。和風インテリアとしても活躍できるデザイン性の高さが人気。
サイズ感はそれほど大きくないものなので、ひとり暮らしの方におすすめのちょうどよいサイズです。
テーブルの上に置いておくだけで味のある急須なので、使わないときでも外に出しておくというのもひとつの手です。

西海陶器/波佐見焼 土瓶&蓋付湯呑セット

長崎県東彼杵郡波佐見町付近で産されている波佐見焼で作られた急須。
「さがの」「洸琳山水」「緑巻桔梗絵」「蝶」「錦平安桜」の5種から柄を選ぶことができます。
セット販売なので急須だけでなく、茶器も一緒に揃えることができるのも良い点です。
箱に入っているのでプレゼントにももってこいです。
急須を含めた茶器の入門にちょうど良い代物ですよ。

山下工芸/常滑焼 盛正黒太線段ラインエムアミ急須

横手型の丸いフォルムがかわいらしいデザイン性抜群の急須。
持ち手が横についているところが急須らしさを引き立て、和風テイストのインテリアとしても活躍してくれます。
茶こし網が柔らかいというのも人気の理由のひとつで、おかげでお手入れも簡単なんです。

HARIO(ハリオ)/茶茶 急須 丸

コーヒーメーカーでも有名なハリオから販売されているガラス製の急須。
シンプルな作りで、お茶を淹れている様子も見やすく、安価で購入できるので、ひとつ持っておくと便利な代物。
茶こしを外せば電子レンジで温めなおしもできちゃいます。
水切れの良い注ぎ口の形状なので、余すことなくお茶を注ぐことができます。
もちろんお茶だけでなく紅茶でも使えるので汎用性は高いです。

岩鋳/鉄瓶兼用急須 3型新亀甲

昔ながらの和を感じさせる凹凸のあるデザインが特徴的な急須。
持ち手が上についており直火対応でお湯も沸かせられるので、やかんのような使い勝手の急須になっています。
使い続けているとサビが出始めるのですが、故障ではなく、そこから鉄分が染み出し、鉄分補給ができるそうなんです。
独特の風味を味わいたいという方におすすめの本格派急須です。

急須でおいしいお茶を飲もう

今まで市販で買ったペットボトルのお茶ばかり飲んでいた人もこの機会にお茶を自分で淹れて飲んでみてはいかがでしょうか?

温かいお茶を飲むと気持ちが落ち着きますし、自分で淹れて冷やしたお茶は市販のお茶よりも全然おいしいですよ。

時間に追われていたり、忙しいと思う人ほど、ゆっくりと急須でお茶を淹れて、小休止をとってみてほしいので、ぜひ急須を買ってみてください。