アウトドアチェアの選び方!人気商品からハイエンドまでタイプ別5選!

これから始めるアウトドア!まずはチェアから!

これからアウトドアを始めよう、という初心者さんは、まず何から準備していいかわからないことが多いものです。

アウトドアとひと口で言っても、山の中などで何泊かする本格的なものから、オートキャンプ場でバーベキューを楽しむライトなものまでさまざまです。

どのタイプでも必要と言っていいのが、チェアですね。

もちろんキャンプ場に設置されているベンチやレンタルのチェアを使ってもいいのですが、チェアは(寝具を除いて)一番長時間使うアイテムです。できれば自分の体に合う、好みのものを選びたいものです。

そこで、失敗しにくいアウトドアチェアの選び方をご紹介いたします!

アウトドアチェアの選び方


アウトドアチェアには大きく分けて2種類、細かく言えば3種類に分けられます。

ひとつは「ハイチェア」。
名前の通り座面が高い椅子です。座面の高さが40cm前後のものを差します。バーベキューなど立ったり座ったりが多い場合、座面が高い方が動きやすいのでハイチェアがおすすめです。テーブルを使った食事などでは圧倒的にこちらが向いています。

選ぶとき大事なのは「安定感」です。
頻繁に立ったり座ったりするのに加え、アウトドアチェアは持ち運びを考えて軽量なものがほとんどです。重心が高くなりやすいハイチェアは、どうしても転倒しやすくなってしまいます。チェアの脚がしっかり広がるものを選びましょう。

片方がハイならもう一つは当然、「ローチェア」です。
座面の低い椅子(30cm前後からそれ以下)で、こちらは焚火や釣りなど、足元の作業が重要なアクティビティで活躍します。軽くてコンパクトなので登山などの本格的なキャンプのために荷物を増やしたくない場合にも重宝します。

重視するポイントは安定感ももちろんですが、焚火の前で座るのであれば「耐火性(難燃性)」、水辺で使うなら「耐水性」や「耐塩性」も押さえておくべきでしょう。ハイチェアとは逆にあまり足が広がらないタイプのほうが、結果として使いやすい場合も多いです。

最後のひとつは「リラックスチェア」です。背もたれが後ろに倒れてゆったり座れるタイプのチェアですね。星や海など遠くを眺めながらリラックスしたい、という時にはリラックスチェアです。
ハイタイプにもロータイプにもあるので、キャンプスタイルに合うものを選びましょう。

タイプ別おすすめアウトドアチェア5選!

それでは上記3タイプそれぞれにおいてお勧めのチェアを厳選してご紹介します!

ハイチェア

コールマン リゾートチェア

「ザ・アウトドアチェア」といった形状ですが、左右のアームレストにドリンクホルダーもついていて、シーンを選ばず使いやすいので、入門用としておすすめです!

デザインもネイビー、レッド、グリーンの3色に加えデニム風(素材自体は手入れの簡単なポリエステル)も出ています。

価格も3,000円以下(デニム風は6,000円程度)とお手頃なのも良いですね。

ユニフレーム UFチェア100

シンプルながら強固で、長く使い続けられることで知られるユニフレーム社のハイチェアです。

収束型(一本の柱上に折りたたむ収納タイプ)ですが2.8㎏と軽く、携行性は高いです。しかも脚フレームに補強用のスチールが入っているため重心も比較的低く、転倒しにくいのもありがたいですね。

シートが取り外せるのでメンテナンスも楽ですし、傷めてしまってもシートだけ買い替えることもできます。

オガワ ハイバックチェア

創業100年を超える老舗アウトドアブランド「オガワ」のハイチェアです。

リクライニング機能こそありませんが、その座り心地はリラックスチェアと呼んで差し支えないレベル。特に張地がコットンのものは肌触りも良く、立ち上がりたくなくなるほど快適です! ポリエステル地のものもこだわり抜かれているため、耐久性でそちらを選んでもいいですね。

クイックキャンプ 収束式ハイバックチェア (QC-HFC)

ブランド名の通り、「キャンプをもっと簡単に」と磨き上げられたハイチェアです。

座面と肩まで覆う背もたれにはクッションが入っており、座った感覚はチェアというよりシートに近い感覚です。
頻繁に立ったり座ったりすることを想定して、アームレストが握れる形になっているのもポイントです。

合わせやすいカーキやサンドカラーもいいですが、サイトを引き締める渋いレッドが個人的にはおすすめです!

コールマン インフィニティチェア

前述のリゾートチェアと同じコールマンのリラックスチェアです。

これぞ!と言える快適な座り心地で、良く晴れた日にこのチェアをリクライニングさせて目を閉じれば、あっという間に眠りに落ちられること請け合いです。

構造上、折りたたんでも大きいし重たいので携行性はお世辞にも高くありませんが、持ち運び用の取っ手がついていたり3秒で展開できたりと使い勝手は良好です。

ローチェア

DOD ローローバーチェア

「ローバーチェア」という同ブランドの人気ハイチェアをローチェアにしたものです。

帆布の張地と木製のアームレストが自然に溶け込む優しいデザイン。
脚部が大きくひらいているため、ローチェアの低重心と相まって安定感がとても高いです。しかも脚部は後ろ側に大きくひらいていて前はあまり張り出していないので、作業の邪魔になりにくいのもポイントです。
アームレストがしっかりしているので、ローチェアの割に立ち上がりやすいのもいいですね。

コールマン ファイアープレイスフォールディングチェア

コールマンから名前もずばりの「焚き火用折りたたみチェア」。
約28cmの低めの座面、触り心地のいい木製のアームレスト、難燃性のシートと完全な焚火仕様。
もちろん焚火以外にも使えます。

気を付けていただきたいのはこれに限らず「難燃性」というのは、火に当たっても平気という意味ではないことです。燃えにくい、炎を上げて燃え上がりにくい、という意味です。あまり火に近づけすぎたり火のそばに置いて長時間席を離れるのはやめましょう。

ニトリ 木製ローチェア

「お、値段以上」でおなじみのインテリア・インテリア雑貨のニトリのアウトドアギアです。
優れている点は上質感のある木製のデザインと、3,000円以下で買えてしまう低価格です。
カラーバリエーションも6種類と豊富で、各種取り揃えても好きな色で統一してもいいですね。

ヘリノックス チェアホームXL

スマートなデザインと驚きの堅牢性を併せ持つアウトドアギアメーカー、ヘリノックスのローチェアです。
同社の「チェアワン」をワイド型にしたもので、52cmの座面が68cmまで広がり、ソファのようなゆったりした座り心地を得られます。

類似のものが他社から多く出ていることからも、優れたデザインであることがうかがえますね。

チェアワンのぴったりした座り心地もとても良いのですが、リラックスチェアとしての側面を評価してこちらをおすすめします。

スノーピーク ローチェア30

アウトドアだけで使うのはもったいない!
と、座ったとたんに思ったチェアはこれが初めてでした。
実際はローチェアなので屋内での普段使いにはあまり向かないのですが、一人用のリラックスチェアとして使える良品です。

ローチェアならではの安定感で座っての食事や作業に支障がないのはもちろんですが、座面の強めの張りのおかげで立ち上がりやすいので、ローチェアとは思えない使い心地です。

まとめ

3,000円前後の手軽なものから座り心地を追求したハイエンドまで様々ご紹介してまいりましたが、アウトドアチェアには本当に無数の種類があります。それだけ皆の関心も高いということでしょう。

ここでご紹介した優良なデザインのチェアは、コピー品も安値でたくさんあります。
アウトドア用品は屋外で使う性質上、傷んでしまうことを避けられませんので、ハイエンド品を買う前に入門用としてそれらを試してみるのも良いと思います。

ですが、オリジナルに勝てるコピー品はほとんどありません。コピー品を試して「こんなもんか」と思ったりせず、できれば店頭でオリジナルにも触れてみてください。きっと「次はこれに買い替えよう」となり、アウトドアへのモチベーションもさらに高まります
それはとても素敵な体験だと思いますよ。