おすすめ資格を大紹介!スタディング(STUDYing)なら通勤時間が勉強時間に!?

20代後半~30代前半で毎日仕事に明け暮れているあなたは、
もっと会社で上を目指したい!
収入を底上げしたい!
周囲から仕事のできるかっこいい人だと思われたい!」といった願望を持っていませんか?

 

そんなあなたの願望を叶えられるのが「資格」という武器です。資格を持っていれば、これからの転職活動を有利に進められますし、難易度の高い資格であれば周りから羨望の眼差しを向けられるでしょう。

 

今回はこれからの転職に大きく役立つ資格や持っているだけでかっこいいおすすめの資格を紹介!
資格取得の際に誰もが口にする「資格が大切なのは分かっているけど、資格の勉強をしている時間がない…。」といった言い訳ができなくなる「スタディング(STUDYing)」というオンライン講座も合わせて紹介していきます。

 

どれも同じ?気になる3つの資格の特徴は?

世の中には1000以上の資格があるといわれていますが、すべての資格が同様の価値を持っているわけではありません。「この資格を持っていないと、特定の仕事につけない。」といったものから「その資格は持っていて意味があるの?」と疑問を抱くものまでさまざまです。

 

どんな資格でも一定の勉強が必要ですから、そういった意味では無駄な資格などひとつもないのですが、せっかくなら周りと差のつけられるようなおすすめ資格を手にしたいものです。

 

まずは、基本的な3つの資格の特徴を覚えておきましょう。

 

資格の種類

認定元

難易度

お役立ち度

国家資格

☆☆☆

☆☆☆

公的資格

官庁や大臣

☆☆~☆☆☆

☆☆~☆☆☆

民間資格

民間団体、企業、学校など

☆~☆☆☆

☆~☆☆☆

 

国家資格

誰もが知っている国家資格は、国や国の委託を受けた機関が実施する法によって定められた試験に合格したり、実務経験を積むことで得られる資格です。「法によって定められた」という言葉からもわかるように多くの国家資格は難易度が高く、弁護士や医師など国家資格を持っていなければできない仕事も存在しています。

 

難易度はかなり高いですが、それと比例してお役立ち度も高いため、将来のことを考えれば努力をしてでも取得していきたいタイプのおすすめ資格でしょう。

 

公的資格

国家資格と後述する民間資格の中間的な位置づけとなるのが、公的資格です。認定元が国ではなく文部科学省などの官庁や大臣となっており、民間団体や公益法人によって試験が実施されます。

 

資格の種類によっても異なりますが、難易度も国家資格と民間資格の中間といったイメージで、ケアマネジャー日商簿記など仕事で役立つものが数多くあります。

 

民間資格

国家資格が国や国の委託機関によって認定される資格だったのに対して、民間資格は民間団体や企業、学校によって認定される資格となります。民間資格の試験は法律で定められたものではないため、難易度も資格の種類によってピンキリです。他の2つと比べると資格数が圧倒的に多いがゆえに、あまり仕事では役立たない資格も多いです。

 

しかし、中にはTOEICなどの信頼度の高い資格も存在しているので、見極めが大切になるでしょう。

 

20代後半~30代前半のキャリアアップ・転職におすめめの資格は?

1000以上ある資格の中から、転職やキャリアアップに役立つ資格を探し出すのは大変なものです。今回は数ある資格の中からおすすめ資格をピックアップしたので、参考にしてみてください。

 

税理士

資格の種類

難易度

お役立ち度

取得までの目安年数

国家資格

☆☆☆

 ☆☆☆

3年~

 

誰もが耳にしたことがあり、税務のスペシャリストとして活躍できる税理士。一般的な企業でも税理士の資格取得によって待遇がアップ、転職(特に経理部門)でも絶大な効力を発揮します。独立の道もあるため、将来性の高さが魅力です。

 

宅建士(宅地建物取引士)

資格の種類

難易度

お役立ち度

取得までの目安年数

国家資格

☆☆☆

☆☆☆

8ヶ月~

 

土地や建物売買において欠かせない存在の宅建士。業務独占資格であり、不動産会社への転職や社内評価のアップにはうってつけの資格です。金融、建築などの分野でも役立つため、どの資格を取ろうか悩んでいる人には強くおすすめできます。

 

賃貸不動産経営管理士

資格の種類

難易度

お役立ち度

取得までの目安年数

民間資格

☆☆

2ヶ月~

 

マンションやアパートを貸す側の人に対して、管理受託契約の重要事項などを説明する賃貸不動産経営管理士。この資格だけでは転職や評価アップには役立ちませんが、宅建士と合わせて取得することでワンランク上を目指せるでしょう。不動産分野で働いており、将来的には宅建士の取得も考えている人にはおすすめです。

 

マンション管理士

資格の種類

難易度

お役立ち度

取得までの目安年数

国家資格

☆☆

☆☆

6ヶ月~

 

マンションには必ず存在する「マンション管理組合」に対して、課題や問題へのさまざまなアドバイス等ができるマンション管理士。歴史が浅い国家資格で一般的な認知度は低いですが、今後マンションの老朽化問題などが深刻化していくことを考えると、不動産分野ではおすすめできる資格です。

 

司法書士

資格の種類

難易度

お役立ち度

取得までの目安年数

国家資格

☆☆☆

☆☆☆

4年~

 

不動産の購入時に、代理人として登録記録の申請が可能となる資格。他にも法人との登記、裁判所への提出書類の作成が可能で、独立後の将来性も期待大。一番の問題は資格取得の難易度でしょう。

 

行政書士

資格の種類

難易度

お役立ち度

取得までの目安年数

国家資格

☆☆☆

☆☆☆

1年~

 

役所関係に提出する10000種類以上の書類が作成できる行政書士。法務関係の職場なら社内評価のアップが期待でき、行政書士としての独立に大きく役立ちます

 

中小企業診断士

資格の種類

難易度

お役立ち度

取得までの目安年数

国家資格

☆☆☆

☆☆☆

2年~

 

経営コンサルタントとしては唯一の国家資格で、経済学をはじめとして経営戦略、物流、法務といった幅広い知識が必要となる中小企業診断士。この資格がなければ出来ないといった仕事はありませんが、専門職種(クリエイターなど)を除く多くの職種で武器になります。社内でのキャリアアップ、転職にもうってつけです。

 

公認会計士

資格の種類

難易度

お役立ち度

取得までの目安年数

国家資格

☆☆☆

☆☆☆

3年~

 

企業の財務諸表を第三者の視点から監査をする公認会計士。企業の監査業務は公認会計士の独占業務となっているため活躍できる場所は多く、周囲からの評価は底上げされるでしょう。非常に難易度の高い資格なので、じっくりと腰を据えて取得に臨みたいところです。

 

基本情報技術者

資格の種類

難易度

お役立ち度

取得までの目安年数

国家資格

☆☆

☆☆☆

6ヶ月~

 

試験でIT系分野の専門知識と技能を持ち合わせていることを認められた場合にのみ名乗れるのが、基本情報技術者。独占業務は存在しませんが、IT業界なら高く評価される資格です。未経験でIT業界へ転職したいという場合は、この資格を持っていれば有利に転職活動を進められるでしょう。

 

危険物取扱者

資格の種類

難易度

お役立ち度

取得までの目安年数

国家資格

☆☆

☆☆

2ヶ月~

 

ガソリンや灯油をはじめとする石油類や燃焼性の高い危険物を取り扱う場合に必要な資格。取得難易度が低めな割に就職や転職、会社によっては資格手当が付くなどお役立ち度は高めです。

 

登録販売者

資格の種類

難易度

お役立ち度

取得までの目安年数

国家資格

☆☆

☆☆☆

3ヶ月~

 

薬局などで一般用医薬品(副作用のリスクが低い第2類、第3類医薬品)を販売するために必要な資格となる登録販売者。活躍の場は全国のドラッグストア、ホームセンターなどの医薬品を取り扱っている場所と幅広く、受験資格もないことから転職する際には大きな武器となります。

 

介護職員初任者研修

資格の種類

難易度

お役立ち度

取得までの目安年数

公的資格

☆☆☆

3ヶ月~

 

介護職の入門資格である介護職員初任者研修。無資格で介護施設などに就職した場合は、ほぼ必ず取得をすすめられます。介護業界が慢性的な人手不足であることを考えると、事前に介護職員初任者研修を終了しておけば採用率はぐっと高まるでしょう

 

第二種電気工事士

資格の種類

難易度

お役立ち度

取得までの目安年数

国家資格

☆☆☆

3ヶ月~

 

建物や設備内の電気工事を行う電気工事士。第二種電気工事士は受験資格がなく取得が比較的容易で、資格を必要とする仕事も多いのでこの業界への転職を考えている方にはおすすめです。

 

販売士

資格の種類

難易度

お役立ち度

取得までの目安年数

民間資格

1ヶ月~

 

小売店の売り場で活躍するための知識や技術を身につけられる販売士。取得難易度が優しく民間資格でもあるため、持っているだけで大活躍してくれるような資格ではありませんが、小売業に従事しているなら売り場の店長レベルである1級を目指すのもありでしょう。

 

技術士

資格の種類

難易度

お役立ち度

取得までの目安年数

国家資格

☆☆☆

☆☆

部門や個人によって大きな差あり

技術系の資格の最終到達点ともいわれるのが技術士。一般的な知名度は低いですが、専門分野、特に建設関連分野では認知度が高く、技術コンサルタントとしての活躍も期待!実務経験が7年必要な点が大きな壁になり、難易度とお役立ち度が釣り合っているかと言われると疑問が残るかもしれません。

 

簿記検定

資格の種類

難易度

お役立ち度

取得までの目安年数

公的資格

☆☆

☆☆☆

3ヶ月~

 

お金に関する帳簿記載の知識や技術を測るのが目的である簿記検定。民間資格としては知名度、・評価度も高く、経理部門に在籍していたり転職を考えている人にとっては大きな価値のある資格となるでしょう。

 

ビジネス実務法務検定試験

資格の種類

難易度

お役立ち度

取得までの目安年数

民間資格

☆☆

3ヶ月~

 

ビジネス全般を通して発生するトラブルの予防、解決のための法律知識に関する検定試験。検定試験である以上転職や大幅な社内評価アップには繋がりにくいですが、比較的手軽に社会人のビジネスに必要な基礎的な法律知識を学べる点が評価できます。

 

知的財産管理技能検定

資格の種類

難易度

お役立ち度

取得までの目安年数

国家検定

☆☆

2ヶ月~

 

企業内での著作権・意匠・特許などにかかわる知的財産管理の知識の有無を確認する検定試験。転職に強く役立つものではありませんが、もともと知的財産に関する職場で働いているならスキルアップとして役立ちます

 

ビジネス著作権検定

資格の種類

難易度

お役立ち度

取得までの目安年数

民間資格

1ヶ月~

 

インターネットが普及した現代で特に注目されるようになった著作権。中でもビジネス関連の著作権に的を絞ったのがビジネス著作権検定です。資格が転職や社内評価に大きくつながることはありませんが、これからの時代に必須な著作権について効率よく学べる点が評価できます。

 

FP技能士(ファイナンシャルプランナー)

資格の種類

難易度

お役立ち度

取得までの目安年数

国家資格

☆☆

3ヶ月~

生命保険、医療保険、株式投資などをはじめとした資産運用のアドバイス業務に役立つファイナンシャルプランナー。世間一般では「とても役立つ資格」のイメージがありますが、この資格で業務が独占できるわけではないため仕事や転職に大役立ちとはいきません。ただし、保険、金融、不動産といった業界なら評価の対象となる可能性もあるので、要チェックです。

 

TOEIC

資格の種類

難易度

お役立ち度

取得までの目安年数

民間資格

目標とするスコア次第

☆☆☆

目標とするスコア次第

 

国際化が進む中、業種に縛られず多くの場所で重要性が増している英語力。そんな英語力を客観的にアピールできるのがTOEICです。場所を選ばずにあらゆる場面でアピールポイントとなることを考えると、転職・社内評価アップに役立つ資格だといえるでしょう。

 

資格取得におすすめ!「スタディング」を利用する5つのメリット

どんなにおすすめできる資格があっても、その資格を取得できなればなんの意味もありません。仕事の忙しさを理由に資格取得を諦めているかもしれませんが、そんなあなたにはオンライン講座の「スタディング」がおすすめです。

 

スタディング

スタディングを利用する5つのメリットを紹介しましょう。

 

メリット1…動画や音声による講座で、勉強場所を選ばない!

資格取得の方法といったら、学校に通う、通信講座を受講する、独学といったものが一般的です。社会人だと学校に通う時間を捻出するのが難しいですから、通信講座や独学で資格取得の勉強をする人が多いでしょう。

 

通信講座や独学だとテキストを広げないといけませんから、机のあるところなど勉強場所が限られてしまいます。通勤時の満員電車の中でテキストなんて開けません。

 

しかし、スタディングは動画と音声による講座を採用しており、スマホ1台あれば講座を受けられるのです。通勤中や仕事のちょっとした休憩時間で動画講座を見て、自宅で復習といった勉強スタイルが確立できます。

 

講座の動画は内容によって2~4分程度に細かく区切られているので、スキマ時間をどんどん利用でき、勉強の効率もアップするはずです。

 

メリット2…無料講座の利用で向き不向きをチェックできる

費用がかかる学校や通信講座に申込みをするときは、誰もが「この講座は自分に合っているかな?」「途中で挫折したらどうしよう。」という不安を抱くでしょう。スタディングの場合は、料金を支払わなくても各講座の冒頭部分を無料で利用できます。

 

無料講座の利用の仕方は簡単です。ホームページの「全講座一覧」から自分が受講してみたい資格をクリック。画面右上にある「無料でお試し」のポタンをクリックして、メールアドレスを登録するだけです。

 

例えば「中小企業診断士」の資格であれば「1次基礎講座 1-1経営と戦略の全体像」というタイトルの動画講座を視聴でき、具体的に動画の内容は次のように細分化されています。

  1. ・オープニング
  2. ・企業とは
  3. ・経営活動1
  4. ・経営活動2
  5. ・経営計画1
  6. ・経営計画2
  7. ・マネジメントサイクル
  8. ・戦略の策定
  9. ・戦略のポイント
  10. ・経営資源と競争優位
  11. ・コアコンピタンス
  12. ・記憶フラッシュオープニング
  13. ・問題1
  14. ・問題2
  15. ・問題3

記憶フラッシュというのは、スタディングの独自の記憶を定着させるための勉強方法で、講座の終わりに動画の内容に関する問題を出題されます。

 

世の中には「無料だと動画の導入部分しか確認できなかった…。」というサービスも数多くあります。動画をまるまる一本視聴できるスタディングなら、お金を支払う前に学習スタイルが合っているかどうか確認できるでしょう。

 

メリット3…リーズナブルな料金設定でタイミングを逃さない

スタディングの大きな特徴が、格安の料金設定です。例えば「中小企業診断士1次2次合格コース」の料金は44,980円ですが、大手の通信講座を選択すると同じゴールを目指すにもかかわらず、30万円近い費用がかかるケースも…。

 

あなたの中に資格取得に対する熱があったとして、30万円近い費用を払おうと思えるでしょうか?30万円貯金できるまで、資格取得を保留にしますか?そんなことをしていたら、資格取得の熱は冷めてしまいます。

 

スタディングは元の料金設定がリーズナブルですが、そのうえ分割払いにも対応しています。月々数千円程度の出費と考えれば、資格取得の熱を冷まさずに明日から、いや今すぐにでも受講を開始できるでしょう。

 

メリット4…転職、キャリアアップに強いラインナップ

どんなに講座の内容や学習システムが優れていても、転職やキャリアアップにつながるおすすめ資格を取り扱っていなければ意味がありません。以下の表にはスタディングで取得できる資格をまとめてあります。

ビジネス・経営関係

中小企業診断士

技術士

販売士

危険物取扱者

法律関係

司法試験・予備試験

司法書士

行政書士

弁理士

ビジネス実務法務検定

知的財産管理技能検定

ビジネス著作権検定

 

個人情報保護士

 

会計・金融関係

税理士

簿記検定

ファイナンシャルプランナー(FP)

外務員(証券外務員)

不動産関係

宅建士(宅地建物取引士)

マンション管理士

管理業務主任者

賃貸不動産経営管理士

 

IT関係

ITパスポート

基本情報技術者

   

公務員関係

公務員

     

ビジネススキル関係

コンサルタント養成講座

データサイエンティスト基礎講座

   

 

色がついているものは前半部分で紹介したおすすめ資格です。スタディングの講座ラインナップがどれだけ充実しているかひと目でお分かりいただけるでしょう。

 

もちろん、今回の記事で紹介しきれなかった資格もあなたの仕事や転職を希望する業界によっては、とても心強い武器になるものばかりです。

 

メリット5…勉強仲間機能で他人の勉強スピードを把握!

学校に通わず一人で資格取得を目指す場合、どうしてもモチベーションが下がり途中で投げ出してしまうという方も少なくありません。スタディングには、「勉強仲間機能」というものがあり、同じ講座を受講している人の講座の進み具合を知ることができます

 

「〇〇さん、朝にひとつ講座を終わらせて、夜にももうひとつ終わらせてる…。」そんな周りのスピードを目にすることで、あなたのモチベーションも維持し続けられるはずです。

 

まとめ

世の中にはたくさんの資格がありますが、どの資格があなたの転職や社内評価のアップにつながるかは、今のあなたの立場や目指す転職先によって大きく左右されます。資格取得で大切なのは、本当に役立つ資格を見極めること。そして、効率的な方法で資格の勉強を進めていくことでしょう。

 

効率的な方法という意味では、オンライン講座のスタディングは特におすすめです。あなたが希望する資格取得をスタディングがカバーしているのであれば、ぜひ一度無料講座を利用して効率的なスタイルをあなたの肌で感じてみてはいかがでしょうか?

 


→→スタディング(STUDYing)の口座を見てみる