一歩先のカッコよさを。IQOSケースで自分らしさのある「IQOS」を演出する

今、流行りに流行っている「加熱式タバコ
中でも、加熱式タバコで最も有名なのはやっぱり「IQOS/アイコス」ですよね!

今でも品薄が続いたり、そろそろ新作が発売するという話があるIQOSですが、愛煙家なら一度はIQOSの名前を聞いたことがあるんじゃないでしょうか。

既にIQOSを所持している人も多いと思いますが、IQOSって人気なのはいいんですが、カラーバリエーションがそれほどないので、喫煙所に忘れたりしようものならどれが誰のかわからなくなってしまうことも…

利用者が多いからこそ、間違ってしまわないように、自分だけの個性を出せるように、ちょっと自分色を出しておしゃれにIQOSを持ってみませんか?

IQOSは人気だからこそ様々な形、タイプのIQOSケースが販売されています。
タバコをおしゃれに吸うためだけでなくIQOSケースを持てば、便利な機能もたくさんあります。ぜひ自分だけのIQOSを目指すためにもIQOSケースを探してみませんか?

IQOSって?加熱式タバコの良さを知ってますか?


そもそもIQOSを持っていないとケースどころの話じゃありませんから、ぜひ今普通の紙巻タバコを吸っている方には加熱式タバコの良さを知ってほしいんです。

IQOSも含まれる「加熱式タバコ」というものですが、通常のタバコとどう違うのか、加熱式タバコを持っていない人はわかりますか?

従来、紙巻タバコは火をつけて吸うものですが、加熱式タバコはその名の通り、加熱することで吸えるようになります。加熱することで出る蒸気を吸うので、タバコを燃やした時に発生するタールの量が9割近くカットされるので、体への悪影響もかなり減らすことができるんです。

もちろんマシなだけでニコチンがなくなるわけではありませんし、体への害は当然ながらあります。タバコを吸う上でこれだけは避けては通れませんね…

それ以外にも紙巻タバコと違って副流煙が出ないというメリットもあります。もちろん吐き出した煙を吸えば話は別ですが、紙巻と違って吸っていない間、煙が出ることはないので、周囲への被害はかなり少なくなります。

加熱式タバコをよく知らない人が勘違いしがちなのは電子タバコですね。どちらも機械的なものでタバコを吸うので同じものと思われがちですが、このふたつは全然違います。

一般的に電子タバコにはニコチンは含まれていません。そういうリキッドも売っていないことはありませんが、国内ではあまり流通していません。

休息所であったはずのカフェですら禁煙化が進んでいる場所が多く、禁煙ブームがきていると言っていい昨今では加熱式タバコの需要は非常に高まっています
場所によっては紙巻タバコはNGだけど加熱式タバコ・電子タバコならOKという貼り紙を出したお店もあります。

火を使わないので安全ですし、寝ながらでも吸えたり、途中でどこでも置きやすいなどなど利点も多いのでぜひ紙巻タバコを吸っている人には、この良さを体験してほしいと思える代物です。

IQOSケースの大まかな種類


そんな魅力的な加熱式タバコ「IQOS」もっと快適に使うためにも、IQOSケースは重要です。
IQOSケースと一口にいっても色んな種類があるので、まず大まかにどんな種類があるのか知っておきましょう。

素材から選ぶ

まず素材ですがメジャーな素材は3種類あります。

  1. ハードケース
  2. シリコンケース
  3. レザーケース
ハードケースプラスチックアルミ製のものがあり、IQOS本体に近いフィット感があるので、ケースを付けても違和感なく使いやすいです。

耐久性・耐衝撃性は商品によりけりですが、ちょっと床に落としたぐらいならそう壊れません。コンクリートなどにぶつけると物によっては怪しいですが、耐久性としては十分です。
種類も豊富で価格帯も比較的入手しやすい値段のものも多いです。

シリコンケースは厚みのあるものが多く、耐衝撃性は抜群です。
ちょっとゴツゴツして持ちにくい点もありますが、落として壊してしまうことを考えれば我慢できる程度です。

シリコンケースは性質状ちょっとゴミや埃が付きやすいのがネック。タバコの灰などがついて汚れやすいので、こまめに掃除しましょう。

シリコンなので外して簡単に洗えますし、ささっと洗ってしまいましょう。
ハードケースなどと違い、割れにくい性質というものも持っています。

レザーケースは革製品ですので、高級感のあるデザインにしたい方におすすめです。
レザーといえばちょっと高いイメージもありますが、案外安価に手に入れることもできます。それでいて高級感を出せますからいいと思います。

耐久度としてはやや上記2点には劣りやすいです。厚みのあるレザーにするという選択肢もありますが、物によってはボタン操作がしづらくなる恐れもあるので、注意が必要です。

似たタイプでデニム生地のケースなどもカジュアルなおしゃれを演出できるのでおすすめですよ。汚れには弱いので灰まみれの場所に落としてはしまわないように注意です!

タイプから選ぶ

IQOS専用ケース
IQOSのために作られたIQOSヒートスティックを最低限収納できる専用ケース。
リングなどがついていて腰につけられるものも多く、さっと取り出しやすいのが魅力的です。
機能美を重視したものなので、シンプルに使いやすくおすすめです。
ポーチ型ケース
IQOS本体とヒートスティックに加えてクリーナーバッテリーなどを収納できる便利なケース。防滴加工のものなどもあり、アウトドアに最適です!

ケースに入れたまま充電などはできませんが、普段使いではアイコスにケースなど付けずに使いたいという方におすすめです。

似たタイプで手帳型のカードホルダーがついたケースもあります。定期入れを別に買わなくてもここに入れて置けるので便利ですね。

装着型ケース
ポーチや専用ケースのように収納がついているわけではなく、単にIQOSを保護するためのケース。
最もスタンダードなケースですし、個性を出しやすく、耐久性を考えるとこのケースがおすすめです。
IQOSの見た目を気に入っているのであればクリアケースなど、IQOSの個性を失わずIQOSを保護できますよ

IQOSのフタが壊れてうまく閉まらなくなってしまい充電ができない…なんてことになった時でもフタをホールドできるケースもあります。
ちょっと変わったものが好きならLEDライトがついたものもあります。アウトドア好き、ガジェット好きならこういったケースもいいかもしれませんね。

ケースに限らずシールで装飾も!

ケース以外にもシールで自分らしさを出す方法もあります。
シールを貼るだけですから耐久性は変わりませんが、オリジナルのIQOSを目指すのであればシールで個性を出すのもおすすめの方法です。

シールなら購入するという手もありますが、自作することもできるので、工作が好きならシール作りに挑戦してみるのもおすすめですよ!

おすすめIQOSケース

おすすめIQOSケースをご紹介!

Fantastick EXTREME PROTECTOR SECOND for iQOS

価格:2,700円(税抜)

パープルやイエローと目立つカラーリングの多いケースで個性抜群!
シリコンならではの衝撃吸収力もあり、フルカバーのシリコンケースを探している方におすすめのケース。

HIGH FIVE アイコス ケース

価格:¥1,480(税抜)
高級感のあるシンプルなレザーが光るIQOSケース。
ヒートスティックの収納はマグネットで取り出しやすく、本体はファスナーでしっかりと保護。
ハンドストラップもついていて持ち運びにもとっても便利。

河島製作所 IQOS用ハードケース クリア

価格:2,980円(税抜)
シンプルなハードクリアケース。
IQOSの見た目は好きだからケースは付けたくない、でも落としたりするのが不安。そんな方におすすめのハードケースです。

HIGH FIVE IQOSカーボンシール

価格:¥800(税抜)
ケースは付けたくないけどIQOSをおしゃれに着飾りたい方におすすめのカーボンシール。
シルバー、ホワイト、ブラック、レッド、ブルーの5色から選ぶことができます。

まとめ


IQOSが人気になって利用者が増えるほどIQOSケースのバリエーションも増えますので、皆さんにはぜひ紙巻タバコから加熱式タバコに移行してみてほしいですね。
これからの禁煙の流れでも肩身の狭い思いをしないためにもおすすめですので、ぜひ使ってみてください。

おしゃれなIQOSのケースを付けていればアクセサリーの一種にも見えてきますし、タバコへの印象もよくなるかもしれません。
嗜好品というイメージを強く出して、タバコを受け入れてもらうためにもケースを付けるのは良いことですよ!

単純に便利な点も多いですし、快適なIQOSライフのためにもぜひ自分好みのIQOSケースを探してみてください。