【初心者向け】コーヒー豆のおすすめの選び方!あなたにぴったりのコーヒー豆を見つけましょう

喫茶店やレストランはもちろん、コンビニの店頭でも挽きたて淹れたてのコーヒーが飲めるご時世ですが、自宅で淹れるこだわりの一杯、というのには特別にあこがれるもの。

特殊な技術や機械はないけどそういったことを始めてみたい、という「こだわりコーヒー初心者」のあなたのために、ぴったりのコーヒー豆を探すコツをご紹介します!

もっと! コーヒーを楽しもう!


おいしいこだわりのコーヒーを淹れるには、やっぱり特別な道具がいるのでは?

そう考えるのはいたって自然です。おいしいと評判のカフェでは熟練のスタッフが華麗にポットを操っていたり、化学の実験器具のようなもの(サイフォン)を使用したりしていますね。コンビニコーヒーはとても大掛かりな機械があります。

ですが、今のコーヒーメーカーは優秀なので、2、3000円も出せば充分な性能のものが手に入ります。すでにお持ちであればそれを使って問題ありません。

ただ、豆はできれば挽いていない状態のものを購入して、淹れる直前に必要な分だけ挽くようにしましょう。これだけでいつもと違うコーヒーになりますよ。

ブレンダーやミキサーでもコーヒー豆に対応したものもありますが、手回しでいいのでコーヒーミルを買った方が味が安定してよいのでお勧めです。お値段も1500円前後で手に入ります。

いつも、どんなコーヒーを飲んでいますか?


では肝心のコーヒー豆の選び方の話になりますが、その前に、あなたは普段どのようなコーヒーを飲んでいますか?

品種やブレンド比率なんて難しい話ではありません。どこでどのようにコーヒーを選んでいるか、というだけの話です。いくつか例を挙げますので、それをもとにあなたの好みに合うコーヒーを探しましょう!

スタンドタイプのカフェ(スターバックス等)でブレンドを

スターバックスをはじめとしたスタンドタイプのカフェのコーヒーは、全体的に酸味を抑え苦みとコクの強いものが多いですね。

これは品種の選び方もそうですが、コーヒー豆の焙煎(生のコーヒー豆に火を入れて味を決定する作業)の度合いが深めだからこそ作られる味わいです。

ミルクや砂糖との相性が良いのも特徴です。コーヒー屋さんで豆を買う場合は、豆の色が黒に近いものが好みに合うでしょう。

お勧めコーヒー:丸山珈琲「白樺ブレンド」

丸山珈琲「白樺ブレンド」

コンビニでワンコイン

コンビニの店頭で売られているコーヒーも、その場で挽いてすぐに淹れるため、理想的な状態で提供されます。

こちらは一つの機械でホットもアイスもカフェオレもなんとかなる、という味に調整しているため、氷やミルクで薄まっても大丈夫なようにやや苦みとコクが強いものになっています

より煎りの深い豆、ということになりますので、お店で選ぶときは豆の色が真っ黒で、表面に油が浮いてテカっているものを選ぶとよいでしょう。

お勧めコーヒー:丸山珈琲「鎌倉ブレンド」

丸山珈琲「鎌倉ブレンド」

喫茶店で「ブレンド」

まずはご近所の、コーヒー豆の量り売りもしている喫茶店をひとつ決め、しばらくそこで「ブレンド」を飲んで、自分の中に基準を作るといいでしょう。

近所のお店をお勧めするのは、単純に通いやすいからです。量り売りをしているお店なら、買って帰って普段飲みに使えますからね。

そして味に慣れてきたら、他のお店に行ってみましょう。最初のお店と比べて「おいしいと感じるかどうか」を大事に飲み比べてみてください。より好みに近いものを探して喫茶店巡りの旅が始まりますよ!

お勧めコーヒー:丸山珈琲「丸山珈琲のブレンド」

丸山珈琲「丸山珈琲のブレンド」

喫茶店で「アメリカン」

アメリカン」はただ薄いコーヒー、ではありません。昔はそうでしたが、今は浅煎りのコーヒーを「アメリカン」として提供しているお店が大半です。

特徴としては高い香りと軽い味、甘酸っぱいような酸味(コーヒー豆は大豆のような豆類ではなく、コーヒーベリーという果実の種なのでみずみずしい酸味が出るのです)が特徴です。

豆自体もミルクチョコレートくらいの明るい茶色をしていますので、それを目安に探してみるといいでしょう。

お勧めコーヒー:珈琲問屋「アメリカンブレンド」

珈琲問屋「アメリカンブレンド」

手軽な缶コーヒー!

様々な企業努力で缶コーヒーのレベルは今やかなり高いものになっています。道端の自販機で手軽に買えるのも缶コーヒーの利点です。

味わいは基本的にミルクと砂糖を多めに入れた状態でバランスをとっているため深煎りのものが多いですね。無糖のものでも浅煎りはほとんど見かけません。

なぜなら、缶コーヒーはどうしても温度が低くなってしまうため、浅煎りの繊細な酸味と香りを保てないんですね。

上記の中では「スタンドタイプのカフェ」に近いので、店頭で豆を選ぶ際には黒いか、ビターチョコレートのような焦げ茶色の焙煎度合いのコーヒー豆を選ぶといいでしょう。

お勧めコーヒー:丸山珈琲「エスプレッソブレンド中深煎り」

丸山珈琲「エスプレッソブレンド中深煎り」

好きな食べ物から選ぶコーヒー豆

コーヒーにこだわるなら、食べるものに合わせてコーヒーを選ぶくらいのことはしてみたい……これぞこだわりの極致であり、醍醐味ですね!
それぞれの食べ物の特徴を考えながら、ぴったりのコーヒー豆を探しましょう!

洋菓子(ケーキ、シュークリームなど)

甘い洋菓子を食べた口をコーヒーですっきりと整える……基本にして王道なコーヒーの楽しみ方ですね。

クリームやバターなど、乳脂肪のコクを楽しむお菓子には中~深煎りのコーヒーが合います。もちろん深煎りでもいいのですが、舌に苦みが残らず、乳脂肪の甘みを損なうことなく楽しむには中深煎りがおすすめです。

同じ乳脂肪でもアイスクリームは少し事情が変わってきます。アイスクリームは当然ですがとても冷たいので、煎りが浅いと味がぼやけてしまいます。是非深煎りの濃いめのコーヒーを合わせて濃厚なミルクの旨みを楽しみましょう!

同じバターを使ってもクッキーやタルトのように、どちらかというと小麦の香ばしさを楽しむお菓子の場合、浅煎りがおすすめです。かすかな酸味は果物との相性もばっちりです!

お勧めコーヒー:丸山珈琲「エスプレッソブレンド中深煎り」

丸山珈琲「エスプレッソブレンド中深煎り」

チョコレート!

冬はチョコレートがおいしい季節ですので、お茶のおともに選ぶことも増えるでしょう。チョコレートの原料であるカカオもコーヒーも果実であり、植物性の油なので相性はもちろん良いです。

カカオの苦みのある風味を楽しむのには、同じく苦みを強く感じる深煎りがおすすめです。チョコレートにもミルクが配合されるように、牛乳との相性も良いのでミルクを入れるかいっそカフェオレにしてしまうのも良いですね。

特にホワイトチョコはカフェオレが良く合います!
あまり一般的ではありませんが酸味を楽しむ種類のチョコレートに限り、浅煎りを選ぶとよいでしょう。

チョコレートにもカフェインが含まれているため、気にされる方もいるかもしれません。たしかにそうなのですが、板チョコ一枚食べても普通のコーヒー一杯に比べれば全然少ないので、心配するには及ばないでしょう。

お勧めコーヒー:珈琲問屋「エスプレッソマイルド」

珈琲問屋「エスプレッソマイルド」

和菓子(どら焼き、ようかん、おまんじゅうなど)

あまり知られていないのですが、コーヒーとあんこは相性がとても良いです。中~浅煎りのコーヒーの甘く香ばしい香りとあんこのしっとりとした甘さが口の中に広がる体験は、緑茶に勝るとも劣りませんよ! 白あんや黄身あんとも良く合います。

お勧めコーヒー:丸山珈琲「茜すみれ」

丸山珈琲「茜すみれ」

スナック菓子(ポテトチップス、コーングリッツ、ポップコーンなど)

塩気のお菓子、特にポテトチップスなどの揚げ菓子とホットコーヒーは、あまり相性が良くないとされています。

ですが、実はアイスコーヒーとならなかなかおいしくいただけてしまいます。シロップを入れて甘みを付けるとなお良いですね。

アイスコーヒーは表面に油が浮くくらいの深煎りのコーヒー豆をホットの6割程度の水で淹れて、そのまま氷を入れて冷やしましょう。常温で粗熱をとると、肝心の香りが飛ぶばかりかコーヒー自体の酸化が進んで美味しくなくなってしまいます!

ホットコーヒーと合わせるなら、おせんべいが意外と好相性です! お米と相性が良いのでしょうか、醤油せんべいでもサラダせんべいでもおいしいので是非お試しあれ。

お勧めコーヒー:丸山珈琲「アイス用ブレンド」

丸山珈琲「アイス用ブレンド」

お菓子は食べない! コーヒーだけ楽しみたい!

好みのものを淹れるのが一番ですが、普段より少し浅煎りのものを選んで、香りとコクをゆっくり楽しんでみてください!
ミルクや砂糖を入れるのは決して邪道ではありません。味の変化を楽しんでください!

お勧めコーヒー:珈琲問屋「スペシャルブレンド」

珈琲問屋「スペシャルブレンド」

まとめ

初心者向け、ということで細かい品種などではなく、見てわかるコーヒー豆の焙煎度合いに着眼してお話してみましたが、いかがでしたでしょうか?

ストレート(単一品種)」のコーヒーに挑戦するのは、喫茶店の店頭が一番です。

「ストレート」になるとコーヒー豆それぞれの特徴がはっきり出るのですが、良いところも悪いところもくっきり表れますので、いきなり豆で買うと失敗する可能性が高いのです。

なので「ストレート」は喫茶店で一杯ずつ飲んでみて、好みの味を探してみてください。
この記事が、あなたの素敵なコーヒーライフの一助になれば幸いです。