もうすぐ恵方巻きの季節!知っておきたい恵方巻きの豆知識

あっという間にお正月気分も抜けて、もうすぐ「恵方巻き」の季節がやってきますね。
皆さんは恵方巻きは好きですか?私は貴重なおさかな成分を補給する日なので比較的好きです。

昔は節分といえば豆まきが楽しみで無邪気に「鬼は外!福は内!」なんていいながら豆を撒いてましたが、今では豆を撒くのも面倒だし、豆を撒いた後の処理が面倒で豆をほとんど撒かなくなりました。

冷蔵庫の隙間とかに入り込んだら、滅茶苦茶面倒くさいですからね!なので、豆を転がすように投げてすぐ回収するという方法で今では豆まきをするようになりました。

大人になってからは遊びよりも食い気といいましょうか、豆まきより断然、恵方巻き食べるのが楽しみです。

今回はそんな恵方巻きについて色々ご紹介したいと思います。

恵方巻きとは?


そもそも恵方巻きって皆さん普通に食べてますが、実は昔から節分に食べるものというわけではないんです。

何か明確な始まりがあるのか?と言われれば定かではないらしく、大阪ではそういった習慣があると聞いたコンビニエンスストアと広告会社が広めていった結果、節分には恵方巻きを食べるという習慣が定着したのです。

ちなみにGoogleで「恵方巻き」と検索すると上位にファミマローソンセブンの三大コンビニの恵方巻き特集が検索結果に表示されます。

それだけコンビニ=恵方巻きという方程式が定着しているんでしょうね。

豆まきと一緒に行うので、伝統なものなんだと思いがちですが、実はそうでもなかったりするわけなんですね。

確かにおぼろげな昔を思い出してみると、ほんとに小さい頃は恵方巻きを食べてなかったような気がします。(もしかしたら食べていたのかもしれませんが…)

恵方巻きの伝統


恵方巻きは季節の変わり目である節分に食べることが伝統です、

恵方巻きといえばいくつか伝統的なルールがありますよね。

意外と知らない人も多いので豆知識として知ってみてください。

恵方巻きは切っちゃいけない?

恵方巻きってたまに切ってあるのが売られてたりしますが、切ってある恵方巻きは伝統的にはよくないです。

恵方巻きを切ってしまうと縁や福が切れてしまうことになるからです。

とはいえ、恵方巻きって結構長いですから、一回で食べきるのはしんどいし、食事はもっとゆったり味わいたいですよね。
ですから、あんまりこれに関しては気にしすぎなくてもいいと思います。

一番いい方法としてはまず恵方を向いて恵方巻きを頬張って、ひと口ふた口食べたら、残りは切って食べるという方法があります。
これならちゃんと恵方巻きのやり方を踏襲した上で、あとは自分のペースで食べれられるのでおすすめです。

食べてる時は喋っちゃダメ?


喋ると運が逃げてしまうから、神さまに唾を飛ばすことになるからと、恵方巻きを食べている時はよく黙々と食べないといけないと言ったりしますよね。

これも恵方巻きを切る話と同じでちょこっとだけ黙々と食べて、あとは家族団らんで食べるようにしましょう。
せっかくの食事ですからね、静かに食べるよりも団らんの方が、「笑う門には福来る」とも言いますし、家族で笑って話しながら食べる方がよいと思います。

恵方を向いて食べる!

恵方巻きといえば恵方を向いて食べないと意味がないですよね。
恵方を向いて食べるから恵方巻きなんですから。

ちなみに恵方というのは歳徳神という神さまがいる方向を指します。
そして今年の2019年の恵方は「東北東」です。

恵方巻きは最近こんな話題が…

そんな現代で生まれた恵方巻きですが、最近では恵方巻きもかなり発展してます。
たとえばこんな超高カロリーで食べて早々、油の取りすぎで胸焼けする不運に襲われそうな恵方巻きが出てきたり。

手作り居酒屋 甘太郎

袋を口に近づけて食べると恵方巻きを食べているように見えるようなポテトチップスが出てきたり。

calbee ポテトチップス

お祭り好きの日本人ならではの独創性溢れる恵方巻きがたくさん生まれています。

海苔とごはんで巻いてあれば大体恵方巻き扱いされるのでもはや何でもありといった世界ですね。

恵方巻きの廃棄問題

恵方巻きは先ほども紹介した通り、コンビニ発祥のブームで世間に馴染んでいったものですが、そんな大元であるコンビニで昨今ひと騒ぎありました

それは「恵方巻きの廃棄」についてです。
コンビニといえば食品の廃棄が多すぎて全国で一日300トン前後も食品が廃棄されているといいます。

300トンもあれば、何人分の食事を賄えるのか想像もつかないですが、食品ロスは日本で非常に問題になっています。

恵方巻きもその例外ではなく、廃棄が問題に上がりました。果ては農林水産省にまでお叱りを受けるまでに至りました。

売り上げのためとはいえ、食べられるものを無駄に作りすぎて捨ててしまうのは本当にもったいないことです。

まとめ

恵方巻きの意外と知らなかった一面を見られたという人も居たのではないでしょうか?
ずっと昔からあったものだと思っていた人は多分とても多いと思います。
恵方が絡んでいるので、てっきり昔の風習なのかと思ってしまってもまあおかしくないですからね。

これを見て恵方巻きのことを思い出したという人は覚えているうちに恵方巻きを買って節分を済ましてしまうのもいいかもしれませんね。
今やひと月前からどこも恵方巻きの用意をしている時代ですから。