寝る前のくしゃみ、お布団のダニが原因かも…お手軽にできるダニ対策5選&おすすめ布団クリーナ―

蚊の季節でもないのに、虫刺されができた…
寝る前や、起き抜けに鼻がぐずぐずする…なんてことはありませんか?
もしかしたらベッドやお布団のダニが原因かもしれません。
今回は布団を干したりするのはめんどう……という方にも実施しやすいダニ対策をご紹介します!

どうしてダニのせい?


あまり考えたくないですが、実は布団や枕などの寝具にダニは何十万から何百万もいると言われています。
ゾッとしますね……
しかし全てが人を刺すダニではなく、ほとんどがチリダニと言われる人を刺さないダニなのです。
寝る前、鼻がぐずぐずしたり咳が増えるなぁ……と感じる方はこのチリダニの死骸やフンによりアレルギーを起こしていることが多いのです。

また、なかなか治らない少し痛みを伴うレベルの虫刺されは蚊ではなくツメダニやイエダニと呼ばれる吸血するダニによる虫刺されです。
このような被害を防ぐ為にもダニ対策は必須です。

どうすればダニを除去できるの?


ダニ対策って天日干しや掃除機など面倒な過程が多いですよね。
実家ではお母さんがいそいそと布団を干してくれていましたが、一人暮らしになると億劫なものです。

しかしポイントを抑えれば大がかりなことをしなくてもダニ対策は可能です。
ダニが苦手な特徴として以下の特徴があります。

ダニの弱点

  • 50℃以上の高温
  • 乾燥
  • 10℃以下の低温

ダニが好む環境

  • 20℃~30℃
  • 多湿
  • 暗所

ダニは6月頃から9月に大量繁殖し10月以降は減る傾向にある代わりに、死骸によるハウスダストや、タンスの中や布団の奥に逃げるので、寝具も増えこたつやカーペットを使う冬でも対策は必要という事になります。

ではこのダニの弱点を押さえて、手軽に始められるダニ対策をご紹介します。

市販のダニ防止グッズを使う

ダニ取りシート

あまり有名ではありませんが、最近ではドラッグストアやホームセンターなどにダニ取りシートが市販されています。

TO-PLAN(トプラン) ダニ捕りシートDX

布団の下やマットレスの下に入れておくだけで今生きているダニの駆除ができます!
最近ダニに噛まれた方はダニ取りシートが効果的。
マットレスの表面や裏に取り付けるだけなのでとっても楽ちんです。

防ダニ加工の寝具

ダニゼロック.S.P

このように寝具そのものに防ダニ加工がされているものもあります。
ダニが増えにくい環境の寝具にしてしまうのも一つの手ですね。

ダニ駆除スプレー

Kincho ダニがいなくなるスプレー

薬品を使うのでペットを飼っている方にはあまりおすすめできませんが、スプレータイプなら家を出る前に布団に振って換気して家を出るだけでダニ対策ができますね。

電気毛布やホットカーペットのダニ除去機能を使う

電気毛布やホットカーペットにはほとんどの場合ダニ除去モードがあります。
この機能を使って布団やまくら、毛布などのダニ除去が簡単にできます。

家にある電気毛布にもダニ駆除機能と書かれていました。

効果的な手順

  1. いつも使う毛布や枕クッションの使用している面に電気毛布を挟みます。
  2. 電気毛布を強もしくはダニ除去モードにします。
  3. ゴミ袋に入れて3時間運転すれば完了です。

このあと、掃除機で布団表面を掃除して完了です。

広電 電気毛布省エネタイプ CWK551-C

徹底的に除湿する

ダニは乾燥に弱いので増殖を抑えるには除湿が大切です。

除湿グッズ

市販されている除湿材などをベッドや寝室に置いたり、除湿シートをマットレスの下に敷いたりすることでダニ対策になります。

エステー ドライペット

京都西川 寝具用除湿シート ブルー

除湿マットを使うことで寝具の中の湿気を取り除くことができます。
ダニ対策だけでなくふだん布団を干したりすることができない方にもおすすめです。

エアコンの除湿・乾燥モードを使う

エアコンにある除湿モードや乾燥モードを使えば6月などのじめっとした日でも室内の湿気を除去することができ、ダニの増殖防止だけでなくや部屋干しの時も便利です。

布団クリーナーを使う

布団専用掃除機は通常の掃除機では取り回しがきかないところまでしっかり綺麗にできます。
駆除したダニはハウスダストになってしまうので、布団用掃除機で吸ってしまうのが実は一番楽かもしれません。
掃除機に布団用アタッチメントを付けても良いかもしれません。
ここでは値段別におすすめの布団クリーナーを紹介します。

1万円以内

dodocool布団クリーナー

ツインバード 掃除機 ACハンディークリーナーHC-EB41W

2万円~

ダイソン コードレス 布団クリーナー

シャープ サイクロン ふとん掃除機EC-HX150-N

布団カバーやシーツを取り換える

皆さんは布団カバーやシーツを最後に取り換えた日、覚えてますか?
日本人は海外の方と比べるとシーツや布団カバーの取り換える回数が著しく低いようです。
1週間から2週間に一度シーツや布団カバーを洗って取り換えてみるだけでも衛生環境はとっても良くなりますよ。

換気も大切

咳や喘息、くしゃみ等は他のハウスダストが原因になることも多いので、家を出る前に少し窓を開けるなど換気を行うことで軽減することもあります。

まとめ


いかがでしょうか。
ダニやハウスダストせいで睡眠の質が下がってしまうなんてもったいないですよね。
毎日使う布団、せっかくなら毎日クリーンにしておくためにもぜひ試してみて下さい。