生活をより楽しく!自宅でコーヒーを淹れる為に必要な器具を紹介

忙しい日常の中で、ホッと一息入れる「コーヒーのある生活」は憧れますよね。
現在は、街中にコーヒースタンドなども増え、コーヒーがより身近になりました。

そんな中、現在はコーヒー豆から自分好みの味を選び、自宅で簡単にコーヒーを作ることも可能です。

今回は、生活をより楽しくする為の「コーヒーを淹れる為に必要な器具」をご紹介します。

この記事を読んで頂ければ、生活をより楽しくするヒントを得ることが可能です。

是非、最後までご覧下さい。

ハンドドリップコーヒーとテイクアウトコーヒーの違いとは?


コーヒーなんて大きく変わらない
そう思う方も多いのではないでしょうか?

ここではハンドドリップコーヒーとテイクアウトコーヒーの違いについて説明致します。

ハンドドリップコーヒー テイクアウトコーヒー
コーヒー豆 自分好みを細かく選べる 豆を選べる店は少ない
メリット 自宅で簡単に本格コーヒーが味わえる 飲めるまでのスピードが早い
初期コスト 道具を揃えるのに1万~1.5万円 注文するコーヒー代のみ

細かくコーヒー豆を選ぶ楽しさがあり、趣味としておすすめ!

ハンドドリップコーヒーは、自分好みのコーヒー豆を探す楽しみがあります。
ブラジル・エチオピア・インドネシア・ミャンマーなどのコーヒー豆を通販サイトで100gで500円を切る値段で販売しているサイトが多くあります

様々なコーヒーを試せるという点では、普段の生活の趣味としても楽しむことが可能です。

淹れ方で味が変化する!?ハンドドリップの楽しみ

ハンドドリップコーヒーは、豆の挽き方の粗さから、使うペーパーフィルター、お湯を淹れた時の蒸らし方などで、同じコーヒー豆でも味の変化を楽しむことが出来ます。

またコーヒー豆をブレンドしてみたりしながら、オリジナルのコーヒーを作ることも可能です。

単純にコーヒーを作るだけではない奥深さが、ドリップコーヒーには存在するのです

少額で始められる趣味としておすすめ!

ハンドドリップコーヒーで使う器具は、全て合わせても安くて1万円〜1.5万円で収まります
新しい趣味としてハンドドリップを始めたい場合でも、少額の金額で始められるのがメリットです。

自宅でコーヒーを淹れる際に必要な器具とおすすめ商品を紹介


次に、実際にハンドドリップコーヒーを淹れるために必要な商品を紹介していきます。

コーヒーメジャースプーン

ハンドドリップコーヒーは、たった1gの増減で味に大幅な変化が生まれる繊細な飲み物です。
その為、「容量」と「形状」がメジャースプーンを選ぶ上での大きなポイントとなります。

カリタ 銅メジャーカップ

銅で作られている為、使えば使うほどに色が変色して味が出るメジャーカップ
老舗のコーヒーショップなどでは一般的に使われており、日常のハンドドリップコーヒーにも雰囲気を追求したい方におすすめです。

値段も1000円程度と安価に購入出来るのも魅力です。

メリタ メジャースプーン

1本100円ほどと圧倒的な安さを実現したメリタのメジャースプーン
とにかく安く道具を揃えたい方にはおすすめの商品です。

コーヒーミル

焙煎されたコーヒー豆を粉砕して粉状にする器具を指します
コーヒー豆の荒さによってコーヒーの味は大きく変わる為、こだわりたい商品です。
コーヒーの粉が残ってしまうと、時間経過とともに酸化が進行する為、コーヒーミル使用後のお手入れも大切です

カリタ キュービックミル

80×80×155mmとコンパクトサイズのコーヒーミル。
コンパクトサイズでありながら、細かい荒さもダイヤルを回して粗挽きから細挽きまで対応可能

粉受け部分とコーヒー豆を粉砕する部分はマグネットで着脱可能であり、お手洗いも簡単です。

・カリタ キュービックミル

メリタ 電動コーヒーミル

電動コーヒーミルの魅力は何よりも、自動でコーヒー豆を挽いてくれる快適さにあります。
サイズは少し大きいものの、忙しい時もボタン一つでOK。

ステンレス製の刃を使っている為、コーヒーにとって致命的なサビなども付くことがありません。

ドリッパー

コーヒードリッパーは、コーヒー豆に湯を通す器のことです。
各社ドリッパーの形にとてもこだわっており、湯が落ち切る時間、湯の通り抜けるスピードなどを工夫しています。

抽出時間が変わるだけでコーヒーの風味は大きく変化する為、各社のドリッパーを試してみることがおすすめです。

ハリオ V60耐熱ガラス透過ドリッパー

ハリオ V60の特徴は「円錐型」の作りで、コーヒー粉の層を厚くししっかりと抽出出来る点。スパイラルリブという、あえてドリッパーの内側にデコボコを作ることで、蒸らしの際に空気が程よく抜ける仕組みになっています。

・ハリオ V60耐熱ガラス透過ドリッパー

カリタ プラスチック製コーヒードリッパー 102-D

このコーヒードリッパーの特徴は、三つ穴式タイプであることです。
その為、抽出時間を抑えて、雑味が出る前に、美味しさだけをドリップすることが大きな特徴です。

値段もリーズナブルな為、ハンドドリップコーヒーの入門用の器具としてもおすすめです。

・カリタ プラスチック製コーヒードリッパー 102-D

ペーパーフィルター

ペーパーフィルターはどこも一緒と思いがちですが、ペーパーフィルターによって目の詰まり方が違います。その為、お湯の通過スピードが変わり、コーヒーの味も変わってきます。

それぞれのコーヒーフィルターを試してみることで、味の違いを確かめながらフィルターも選びましょう。

カリタ コーヒーフィルター

カリタのコーヒーフィルターはカリタのコーヒードリッパーと一緒に使用することで力を発揮します。
雑味を出す前に抽出するドリップ」にこだわりたい方はおすすめ。

値段も安価であるために使いやすい商品です。

・カリタ コーヒーフィルター

ハリオ V60 ペーパーフィルター

主にハリオ V60 コーヒードリッパー専用のペーパーフィルターですが、全てのドリッパーで使用することが可能です。
ハリオ V60の特徴である、深いコーヒー粉層でお湯が長く触れ、コーヒー成分をしっかり抽出します

・ハリオ V60 ペーパーフィルター

ドリップポット・ケトル

コーヒーのドリップに大切なのは「細く長く」湯を注ぐことがポイントになります。
もちろん市販の電気ケトルでも良いですが、せっかくの蒸らしの部分もこだわりたいのなら、ドリップポットは必需品です。

メリタ コーヒーケトル プロ 1.0L

メリタのコーヒーケトルはオールステンレス製のため、インテリアとしてもお洒落。
サビなどのコーヒーの味に影響する経年変化も起きません。

また、ノズルの径が細いために、ドリップする際の湯量を調整することが可能です。

・メリタ コーヒーケトル プロ 1.0L

カリタ DP1000W

湯量を調整出来る径が細い注ぎ口は勿論のこと、持ち手とフタのつまみが自然の木で作られた手触りもポイント
デザインもお洒落で、キッチンにも十分に馴染みます。

 

【まとめ】自宅のカフェタイムを充実させよう!その為には道具から!

今回は、自宅でハンドドリップコーヒーを作る際におすすめの器具を取り上げました。

器具や手法を一つ変えただけで味が大きく変わるハンドドリップコーヒーは趣味として大変おすすめです。

是非、あらゆる点に自分のこだわりを追求しながら、世界にひとつだけのコーヒーを作って欲しいと思います。

この記事が、自宅でコーヒーを楽しみたい方の参考になれば、幸いです。