【快適促進!】アイマスクをつけてどこでも快眠!眠りが浅い人も必見!

最近快適に眠れていますか?
ストレスやブルーライト、眠れない原因は色々とありますが、中でも悩む人は多いのは「」です。

電車や飛行機などの公共機関など電気や、お昼寝の時の太陽の光など、消すに消せない光はどうしようもないですよね。
そんな時に役に立つのが「アイマスク」です。

アイマスクなんてわざわざ用意しなくても…と思うかもしれませんが、つけるとつけないとでは目を閉じたときの明るさがだいぶ違うんですよ。
アイマスクについてあまりよくわかっていない人もこの機会にぜひ知ってみてください。

今回はアイマスクの効果とおすすめのアイマスクをご紹介しています。

アイマスクを付けるメリットって?


アイマスクは睡眠の質を高める効果もありますが、目を休めるという効果ももちます。
例えば、眼精疲労やドライアイにも効果あるので、これらの症状に悩んでいる人にはぜひアイマスクを付けてもらいたいんです。

眼精疲労やドライアイに効く

眼精疲労はそもそも目の筋肉が凝り固まったって、血流が停滞することでおこるものなのですが、アイマスクを着けると目の周りが温まり、血の流れがよくなり眼精疲労も和らぎます。

アイマスクをすることで光をほとんど遮断できるので、目の筋肉の動きも落ち着き、目が疲れにくくなる効果もあります。これらの効果は、同時にドライアイの対策にもなります。

科学的にもアイマスクの効果が!?

アイマスクをつけるとよく眠れる理由には光が気になってしまうからという感情的な部分もありますが、科学的にな理由もあるんですよ。

人間の体は眠ろうとすると徐々に「メラトニン」という脳内物質が分泌されて睡眠が促されるのですが、このメラトニンは光を浴びると分泌が抑えられる性質があります。

よく朝起きたら朝日を浴びましょう!というのは光を浴びてメラトニンの生成を抑えて眠気を覚ますという意味があるのです。

なので、アイマスクをして光を遮ることはメラトニンの分泌を手助けするので、科学的にもアイマスクは眠りに貢献してくれているというわけなんです。

アイマスクを選ぶ指標は?


アイマスクを選ぶにも何を基準に選べばいいのか悩んでしまう人もいますよね。
そんな人のためにアイマスクを選ぶ基準をご紹介します。

一番重要な遮光性で選ぶ。

アイマスクで最も重要なのはこの「遮光性」ですね。遮光性が高くないと光が透けてしまってアイマスクをしている意味がありません。
明るい環境でも眠れるようにするのがアイマスクの目的ですから、遮光性は最も重視しましょう。

ただアイマスクのマスク部分が薄い素材で作られたアイマスクも早々ないので、実はそれほど遮光性に違いはないことがほとんどです。
じゃあどこで違いをつけるのかというと「フィット感」です。

これはフィットした方が違和感なく入眠しやすい、という理由もなくはないのですが、それよりも大事なのは目元や鼻周りにフィット感があるかです。
なぜフィットした方がいいのか?それはフィットしないと隙間から光が入り込んでしまうからです。

大部分の光を遮光できたとしても、隙間からちょっとでも光が入り込んでくると結局気になってしまうものです。
これを解消するためにも目元や鼻のフィット感はしっかり気にするようにしましょう。

ですが、目元にフィットしすぎて眼球が押さえつけられてしまうような窮屈なものも、目を疲れさせてしまうので、注意が必要です。

もちろん肌触りなどのフィーリングも違和感なく眠るためには重要な要素なので、資金に余裕があるなら良い素材を使っているアイマスクを選ぶ方が安眠度は高まります。
眠りは人生の1/3を占めるものですから、ここにお金はかけて損はないですよ。

自分にとって違和感のないつけ方のアイマスクを選ぶ。

快眠をする上で違和感のなさは重要ですから、アイマスクを固定する部分のタイプ選びは重要になってきます。

大まかにアイマスクには二種類のタイプがあって、耳掛けタイプとバックストラップタイプから選ぶことができます。

耳掛けタイプは仰向けに寝るときに後頭部に違和感を感じないというメリットがある反面、長時間着けていると耳が痛くなったりするデメリットがあります。

バックストラップタイプは逆に耳や頭が痛くなったりすることはありませんが、後頭部や頭を縛られている感覚が気になる方もいます。

ならどちらを選べばいいの?となるかと思いますが、バックストラップタイプの方が自由が利くので私はおすすめしたいです。

バックストラップタイプはマジックテープやゴムストラップが主流なのですが、どちらも締め付けの強さを簡単に調整できるので違和感も感じにくく使い勝手がいいです。

【私選】寝やすいおすすめアイマスク5選

ここからは私が独自に選んだこれがいい!と言えるおすすめアイマスクをご紹介します!

べネクス/アクセサリー アイマスク


アクセサリー アイマスク
価格:¥2,900円(税抜)

クッション性の高い生地で目元に違和感を感じにくくアイマスクが気になることなく眠ることができます。
ストレッチのきいたゴムバンドタイプなので締め付けも少なく後頭部や耳の違和感もありません。
べネクスの公式はこちら

sono bom/立体型タクティカルアイマスク Z-MASK SLEEP SHIELD


立体型タクティカルアイマスク Z-MASK SLEEP SHIELD
価格:¥2,800円(税抜)

戦場でも災害現場でも安眠できるようにと作られたサバイバル感あふれるアイマスク。
アメリカでも特許を取得するほど認められたこのアイマスクの特徴は立体的な形にあります。
目や鼻に圧迫感を与えない凹凸のあるマスクだからこそストレスなく安眠ができます。
ただし、立体な分、顔にフィットしないと隙間から光が差し込んでくることもあるので要注意!
sono bomの公式はこちら

アスカム/3Dアイマスク スパ


3Dアイマスク スパ
価格:¥2,000円(税抜)

温泉にも含まれるミネラル豊富なセラミック炭を含浸させたアルミシートを使ったアイマスク。
皮膚からの発汗を活かした蒸らし効果で外した目がすっきりします。
アジャスターと特殊なソフト平ゴムを使用した自在なサイズ調整のできるゴムで着け心地も抜群。
アスカムの公式はこちら

テンピュール・ジャパン/スリープマスク(アイマスク)


スリープマスク(アイマスク)
価格:¥3,500円(税抜)

綿素材の軽量さとやさしいフィット感が眠りにさそうアイマスク。
綿密な素材で遮光性が高く、顔の形にフィットしやすいです。

テンピュール・ジャパンの公式はこちら

MAKURA/iSleep 3D EYE MASK


iSleep 3D EYE MASK
価格:¥790円(税抜)

ずっと触っていたくなるようなぷにぷに触感がウリのアイマスク。
ドーム状の立体構造で目に負担をかけず、遮光性も損なわない仕様になっています。

MAKURAの公式はこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか?
最近眠りが浅い気がする、どこでも寝れるようにアイマスクが欲しいという方はこの機会にぜひアイマスクを購入してみてください。

アイマスクで遮光してみると普段ってこんなに明るかったんだ!と驚くこと請け合いですよ!
皆さんも快適な睡眠のためにアイマスクを常備しましょう!