意外と困る布団の収納におすすめの布団収納グッズ5選!

布団は季節ごとに変えたいけど、そんなに布団を用意したら収納に困ってしまうことも
特にひとり暮らしの男性だとワンルームに押し入れなんてない場合もありますから、収納に困っちゃいますよね。

冬場は特に寒いですから、厚手の布団を1.2枚用意しておきたいけど、収納する場所がないと買うに買えなくて困ることも。
そんな方におすすめしたい便利グッズが「布団収納グッズ」です。

布団収納グッズさえあれば、部屋の隙間にコンパクトに収納できるようになるので、ワンルームでもスペースを無駄にせずに布団を収納できちゃいますよ!

今回はそんな布団収納のグッズの紹介のほかにも、布団収納のコツやポイントもご紹介します!
今まで布団収納に困っていて何かないかと探していた方も、これからひとり暮らしを始める上で収納スペースが気になる方もぜひごらんください。

布団収納グッズを選ぶ前に調べておくこと!


布団収納グッズを購入する前に、まずはお部屋の収納スペースの確認を始めましょう。
収納できる空きスペースによって購入するべき布団収納グッズの種類も変わってきます

無駄にスペースを使わず、無駄なスペースを埋めるためにも、お部屋に適切な布団収納グッズを選べるようにしましょう。

綺麗にスペースを使い切ることで、お部屋の見栄えにも違いが出てきますから、お部屋のコーディネートにこだわる方は特に気を付けるべきです。

布団収納グッズの形状は?

布団収納グッズにもいろいろなタイプがあります。布製のものからプラスチック、木製などなど種類が豊富なので、まずはどんなタイプ・形状のものがあるのか知ってみてください。

筒形

ひとり暮らしの方は「筒形の収納袋」がおすすめです。
布団をくるくると畳んでしまうので、圧縮されてスペースを取りませんし、立てておけば棚の隙間などにも収納できてしまいます。

使わない時期はクッション代わりにしてもいいですし、抱き枕代わりに使うという手もあります。クッションなどの見せる収納をするのであれば、見た目にこだわったおしゃれな柄のものなど選ぶといいですね。

布団を収納してソファとして使う用の布団収納グッズもあったりするので、専用のものを購入してしまうのもひとつの手です。

筒型のものは大抵取っ手がついているので持ち運びも簡単ですし、収納も簡単なのでワンルームにはぴったりのシンプルな布団収納グッズです。

ボックス型

複数の布団や衣類をまとめてしまっておきたいのなら、「ボックス型の布団収納」もおすすめです。ボックス型なら縦に積んでいくことができるので空いてしまいがちな縦の空間を無駄なく使うことができます。

長方形のボックスなら縦にすることで棚の隙間に収納することもできるので無駄ない布団収納ですよ。

キャスター付きラック

布団や敷布団まで丸々収納してしまいたいなら、「キャスター付きラック」がおすすめです。
布団は意外と重みがあるものですからね。手で持つよりもキャスター付きのもので手軽に運べる方が楽ちんです。

立って作業する用のテーブルや高さのあるベッドを使っているのなら、その下の空きスペースにすすーっと収納できてしまうので便利ですよ。

布団収納時の注意するべきポイント


布団収納グッズで布団を収納するときはいくつか注意しておいた方が良いことがあります。

布団は湿気が大敵

まず特に注意したいは「湿気」です。真夏の室内は湿気がこもりがちで布団が蒸れてしまうことも多々あります。
そのまま放置しておいたら湿気でカビが生えたりする恐れがあります。

いざ冬になって使おうと思ったらカビまみれ、なんてことのないように布団を収納した後のケアも重要ですよ。
特にベッド下に収納スペースがあるベッドの下に布団を収納している場合は注意が必要です。

そのタイプのベッドは寝ている間に体から発せられた熱が床下にも伝わります。汗が蒸発した熱ですから湿気も多く含んでいて、下にあるものも湿気やすいです。

ですので、時々、外出前に窓を開けて、ベッド下から布団収納グッズを取り出して、ファスナーを開けて風を通してあげるようにしましょう。

そもそもの対策として、通気性のいいメッシュ生地を使用している布団収納グッズを選ぶのもポイントです。

布団購入時についているビニールタイプの袋や、安価なビニール製の布団収納グッズは通気性が悪く湿気がこもってしまうので避けておきましょう。

長期収納は虫食いにも注意

カビ以外にも注意しておきたいのは「虫食い」です。
いざシーズンになって使おうと思って虫食いがあったらガッカリしてしまいますよね。そうならないように防虫効果のあるものを選ぶのもおすすめです。

特に羊毛や綿の布団を使っている物は虫の被害を受けやすいので防虫性能の高いものを選んでおきましょう。

多少お値段がしても、高い羊毛布団を買いなおすことを考えたら、質の良い布団収納グッズを購入する方が遥かに安いでしょうからそこはケチらないでいきましょう。

布団収納グッズにも衛生を

布団収納グッズは衛生面も気にするべきです。
布団収納袋などは布団と違って汗や汚れがしみ込むことはないから、放っておいてもいいやと思うかもしれませんが、布団に直に触れるものですから衛生面はしっかり気にしましょう。

布団収納の中はホコリはもちろんのこと、布団から落ちたダニの死骸や花粉などがちょっとずつ溜まっていたりします。それを放置しておくのはあまりに衛生的ではないので、しっかり布団収納も洗えるものを選ぶようにしましょう。

おすすめの布団収納グッズ5選

ここからはタイプ別におすすめしたい布団収納グッズを紹介します!

リビングート/布団収納袋 円筒型

布団収納袋 円筒型
価格:¥1,093円(税抜)

押し入れのようなスペースがなくても家具と家具の隙間やクローゼットに立てて収納できる布団収納袋。
圧縮袋のように掃除機で数手間なく、ぐぐっとしまうだけで簡単に布団を小さく収納できちゃいます。
持ち手も付いているので移動もらくちんです。

TOWA-zakka/フロスト FLふとん袋

フロスト FLふとん袋
価格:¥1,112円(税抜)

通気性の良い不織布製で湿気に強い布団収納袋。
防虫防ダニ加工にも優れ、安心して布団を収納していられます
収納の目安はシングル掛布団で2~3枚、掛け布団と敷布団は1組分入れられます。

家具のインテリアオフィスワン/キャスター付き 桧らくらくボード

キャスター付き 桧らくらくボード
価格:¥3,704円(税抜)

キャスター付きでスムーズに出し入れのできる収納ボード。取っ手も付いているので、ベッド下などに収納しても取り出しやすい仕様になっています。
国産のひのきならではの抗菌・消臭効果でベッドの下や押し入れの中に長期保管をしても安心です。

家具のインテリアオフィスワン/樹脂すのこ布団収納ラック

樹脂すのこ布団収納ラック
価格:¥8,995円(税抜)

キャスター付きで女性でも楽々移動が可能な布団収納ラック。
抗菌樹脂で作られた衛生的なすのこを使用。通気穴を備えているのでカビ対策もバッチリ!
ラックの長さを伸縮することができ、90cm~174cmまで対応可能なので布団のサイズやクローゼットのサイズにも自在に合わせられます。

Noone/布団収納ケース ラウンド+スクエアセット

布団収納ケース ラウンド+スクエアセット
価格:¥2,759円(税抜)

ラウンドとスクエアの2種で布団を収納できるソファにもなる布団収納ケース。
ラウンドは抱き枕として、スクエアはマットレスとしても使うことができます。
6種のカラーバリエーションでお部屋に合わせやすく、生地も通気性・クッション性ともに高いので使い心地も抜群です。

まとめ

今布団収納に悩んでいる人も、これからひとり暮らしで部屋の大きさが気になる方も、これを機にしっかり布団の収納のことは考えてみてください。

部屋に無駄なスペースを作らないように布団収納グッズでうまくスペースを使って、快適な暮らしを実現してくださいね!