【ワンルームでも!】リビングのインテリアのレイアウトでおしゃれにコーディネートするコツ!

お家の中の中心であり、一番滞在時間の長い場所といえばリビングです。
一番目にするからこそコーディネートにはこだわりたいですし、一番利用するからこそ快適な空間を目指したいものです。

でも両方を両立させるのってお部屋の大きさ的に難しかったりしますよね。
特に一人暮らしの方などリビングがそれほど広くなくてレイアウトに困っちゃうことも。
そんな方のために、リビングでもおしゃれにコーディネートできるリビングレイアウトのコツをご紹介します!

リビングのコーディネートで覚えておきたいこと!


リビングのレイアウトで気を使うべき部分は「視線の抜け」です。
部屋の入り口から窓までの直線に物を置かないようにインテリアを配置すると部屋の解放感を感じられる部屋になります。

ポイントとしては入り口には背の高いインテリアを、奥に行くにつれ背の低いインテリアを配置していくと奥行のある部屋を演出できます。
白い色の家具は視覚的に空間を広く見せる効果もあるので、白い家具も取り入れるとよりメリハリのある部屋になります。

一人暮らしで縦長のお部屋に住んでいる場合は、部屋の途中にソファを横に部屋を区切るように置くことで、キッチンや食事をするスペースと机とベッドのあるくつろぎスペースのふたつスペースあるように見せることができます。
全体としては狭くなってしまいますが、1部屋で2つの小さな部屋を演出できるテクニックですので使ってみてください。

差し色を入れることで部屋にメリハリをつけれるというポイントも覚えておきましょう。
お部屋に手軽に差し色を入れたいけどソファは長く使うものですし、冒険した色は中々選びにくいですよね。

そんな時はクッションを差し色に使いましょう。クッションならカバーを変えるだけで色を気軽に変えられますし、シーズンに合わせた模様替えも簡単にできちゃいます。

コンパクトさを重視するインテリア選び

リビングの必需品といえば「テーブル」と「ソファ
実用性で考えると絶対にないといけないものではないですが、コーディネート的には外せないものです。

ソファ

やっぱりくつろぎの空間を作るのであればソファは外せない品ですよね。

でもソファってどうしても場所をとってしまうものです。
そんな時は「アームレスソファ」や「ローソファ」などを選びましょう。

アームレスソファはその名の通りひじ掛けのないソファでコンパクトに収まったソファです。

ローソファは床に直置きするタイプのソファで一般的なソファより軽く移動もさせやすいのでレイアウト変更が簡単にできます。

一人暮らしの方であれば「ベッドソファ」もおすすめです。リクライニングすることでベッドになるので、ベッドを用意しなくとも1台で2役を担ってくれます。
ご友人がお泊りする時の臨時のベッドとしても役に立つのでおすすめですよ。

テーブル

コンパクトに見せるテーブルなら棚板のある「ローテーブル」がおすすめです。
棚板部分に物を片付けられるので料理などを置きやすいですし、リモコンなども収納しておきやすいです。

天板がガラステーブルだとスッキリした印象でおしゃれに魅せられますよ。

掃除のしやすさを考えるなら足の長いテーブルもありです。
細い足で床下がある程度見えるものを選びましょう。しっかりと掃除して見せれば清潔感と解放感のある部屋を演出できます。

【定番】おしゃれなリビングのスタイル集

ここからはおしゃれでおすすめのリビングの定番スタイルをご紹介します!
皆さんが気に入った家具でどんなコーディネートができるかスタイルを参考に

北欧スタイル


リビングインテリアの定番人気スタイルといえば「北欧スタイル」です。
木のぬくもりを感じる優しい印象の北欧インテリアをあしらった安らぎを得られるリラックス空間

シンプルな白をベースにナチュラルテイストを加えていくのがポイントです。
テーブルやラックなどは木目調の自然を感じられるものをチョイスするのがおすすめです。

金属製のものや革製のものはなるべく避け、木製や布製のものを選べば統一感が生まれますよ。
柄物のクッションなど置けばアクセントとして機能してくれますし、照明器具には吊り下げタイプのランプなど選ぶと北欧らしさが出ますよ。


↓おすすめの北欧家具のお店↓

「NOCE」の公式サイト

センターテーブルBF6119R
価格:¥12,778(税抜)
サイズ:幅80×奥行44.5×高さ32cm

木目柄が北欧家具に合うローテーブル。
引き出しとディスプレイラックを兼ね備えた利便性の高いテーブルで隠す収納と見せる収納を使い分けられるコーディネートの腕が試されるおしゃれなテーブルです。

モダンスタイル


白や黒を基調としたカラーリングが主体のモダンなスタイル
北欧家具のような丸みを帯びた柔らかいイメージとは逆に、直線的でスタイリッシュなデザインが特徴的です。

モダン的な人工的印象を持たせるために、木目や布ではなくガラスや金属、革といったテイストで揃えると統一感があります。

好みではありますが、くすみがかったレッドやイエローなどのビビットカラーを差し色に入れると、統一感は抜けますがこだわりのあるコーディネートに魅せることができます。
差し色を入れる場合、主張しすぎないようにクッションなどで入れるようにしましょう。

直線的なインテリアでまとめるので空間が広く狭くメリハリのあるように見えるのも特徴的です。


↓おすすめのモダン家具のお店↓

「Crastina」の公式サイト

Crastina テレビ台
価格:¥65,834(税抜)
サイズ:幅180 ×奥行42 ×高さ50

マットブラックと艶消しのシルバーが光るシンプルモダンなテレビ台。
脚の部分はシルバープレートになっていてデザインを引き締めるアクセントになっています。
上質な黒でお部屋を飾りたい人におすすめの逸品です。

ヴィンテージスタイル


年代物の玄人感を醸し出せるヴィンテージスタイル
古いアイアンや古材で作られたヴィンテージ家具は長く愛され続けるインテリアの定番です。

ヴィンテージスタイルは先の2種のスタイルよりも、少しごちゃごちゃとしたインテリア配置の方が味が出ます。
特に背の高い棚などを置いてそこに雑貨をたくさん置けば、それだけで雰囲気が出てしまいます。

集めるインテリアの数が多く、ヴィンテージ物の家具は高価なものが多いのはややネックですが、コーディネートのしがいがあるスタイルなのでお金に余裕のある人ならぜひこだわってみてほしいですね。


↓おすすめのヴィンテージ家具のお店↓

「greeniche」の公式サイト

Dining Chair
価格:¥49,000(税抜)
サイズ:W420×D500×H850 SH:415(mm)

少し古めかしいデザインのウィンザーチェアがヴィンテージ感を醸し出させます。
実用性よりもデザイン性を重視したチェアです。

まとめ

工夫次第でどんなお部屋でも素敵なお部屋にコーディネートはできるものです。
リビングは部屋の要で一番目にするものですから妥協せずにお気に入りのインテリアを揃えましょう。